いちごのフレジェ レシピ・作り方

「いちごのフレジェ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

いちごのフレジェのご紹介です。シロップをたっぷり塗ったビスキュイ・ジョコンド生地に、バターをたっぷりと使った濃厚なクリームをいちごと共に敷き詰めたフランスのショートケーキです。切り口の見た目もとてもかわいらしいですよ。

調理時間:160分

費用目安:600円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(1台分(15cmのスクエア型))

作り方

  1. 準備. 無塩バターは常温に戻しておきます。クッキングシートで型を作り、天板にのせておきます。オーブンは170℃に予熱しておきます。いちごはヘタを切り落としておきます。
  2. 1. スポンジを作ります。ボウルに卵白を入れてハンドミキサーで混ぜ、卵白のコシが切れたら卵白用のグラニュー糖を加えて泡立て、8分立てにします。
  3. 2. 別のボウルに卵、グラニュー糖を入れて白っぽくもったりとするまでハンドミキサーで泡立てたらアーモンドプードル、薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで切るようにさっくりと混ぜ合わせます。
  4. 3. 1に2回に分けて加え、都度ゴムベラで混ぜ合わせたら溶かし無塩バターを加えて混ぜ合わせます。天板に流し入れ、10cm程の高さから2、3回落として空気を抜き、170℃のオーブンで15分焼き、竹串を刺しても生地が付かない状態になったらオーブンから取り出して粗熱を取ります。
  5. 4. シロップを作ります。鍋に水、グラニュー糖を入れて中火で熱し、焦げないように耐熱性のゴムベラで混ぜ、グラニュー糖が溶けたらリキュールを加えて火から下ろし、粗熱を取ります。
  6. 5. クリームを作ります。ボウルに卵黄、グラニュー糖を入れて、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜ合わせ、薄力粉を入れてさらによく混ぜ合わせます。
  7. 6. 鍋に牛乳を入れて中火で熱し、沸騰直前まで温めたら火から下ろします。5に加えて混ぜ合わせ、漉し器で漉しながら鍋に戻し入れます。
  8. 7. 泡立て器でかき混ぜながら強火で熱し、とろみがついたら火から下ろします。ボウルに移してラップを密着させて粗熱を取り、冷蔵庫で30分ほど冷やします。ラップを外し、泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。
  9. 8. 別のボウルに無塩バターを入れて、泡立て器でクリーム状になるまで練り混ぜます。7を少量ずつ加えて、都度混ぜ合わせ、丸口金を入れた絞り袋に移します。
  10. 9. 組み立てます。いちご8個を半分に切ります。3を型に合わせて15cmの正方形に2枚切り出し、4を刷毛で塗り、1枚を型の底に入れ、いちごの切り口が側面になるように並べます。
  11. 10. 8を厚さ1cmほどに絞り入れ、残りのいちごを敷き詰め、残りの8をいちごの間を埋めるように絞ります。
  12. 11. 9の残りのスポンジをシロップを塗った面を下にしてのせ、ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
  13. 12. コートゼリーを作ります。ボウルに水を入れ、粉ゼラチンをふり入れて混ぜ合わせ、10分置きます。
  14. 13. 鍋にいちご、グラニュー糖を入れて中火で熱し、耐熱性ゴムベラでいちごをつぶしながら熱し、やわらかくなったら火から下ろします。60℃ほどに冷まし、12を入れて溶かします。
  15. 14. 漉し器で濾して粗熱を取り、11に流し入れ、冷蔵庫で30分ほど冷やし固めます。型から外してお好みの大きさに切り、器に盛り付け、ミントを添えてできあがりです。

料理のコツ・ポイント

クリームを作る際に分離してしまった場合は軽く湯せんをして混ぜ合わせしっかりと一体化するようにしてください。 こちらのレシピはリキュールを使用しております。アルコールが含まれますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠中の方、授乳中の方はご注意ください。また、運転時、スポーツ時、入浴時はアルコールの摂取をお控えください。 オーブンは必ず予熱を完了させてから焼いてください。 予熱機能のないオーブンの場合は温度を設定し10分加熱を行った後、焼き始めてください。 ご使用のオーブンの機種や使用年数等により、火力に誤差が生じる事があります。焼き時間は目安にし、必ず調整を行ってください。 焼き色が付きすぎてしまう場合は、アルミホイルをかけてください。 今回は耐熱性のゴムべラを使用しています。ご使用のゴムベラよっては溶けてしまう恐れがあるので、耐熱性のものをご使用ください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

人気のカテゴリ