特別な日に 桃のデコレーションケーキ レシピ・作り方

「特別な日に 桃のデコレーションケーキ」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

黄と卵白を分けて泡立てることで湯せんの必要がなく、泡立てる時間を短くした簡単に作れるスポンジケーキです。 桃のトッピングが特別な日にぴったりです。 コツさえつかめばとっても簡単なのでおすすめです。 是非作ってみてくださいね。
調理時間:60分 (冷ます時間は除く)
費用目安:700円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(1台(18cm))

  • スポンジケーキ
  • 卵白3個
  • 卵黄3個
  • 薄力粉90g
  • グラニュー糖90g
  • 溶かしバター (無塩)20g
  • デコレーション
  • 生クリーム200ml
  • グラニュー糖30g
  • 2個
  • ①水350ml
  • ①グラニュー糖30g
  • ①レモン汁小さじ1
  • ミント (飾り)適量
  • シロップ
  • 50ml
  • グラニュー糖20g
  • ラム酒大さじ1

作り方

  1. 準備.
    卵白と卵黄を分けておきます。 型にクッキングシートを敷いておきます。 オーブンを170℃に予熱しておきます。 薄力粉をふるいにかけておきます。
  2. 1.
    ボウルに卵白を入れて泡だて器で泡立て、少し泡が出来てきたらグラニュー糖を少しづつ加えながらしっかりツノが立つまで泡立てます。
  3. 2.
    1に卵黄を加えて泡を潰さないようにゴムベラでサッと混ぜ合わせます。
  4. 3.
    薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでさっくり切るように混ぜ合わせます。
  5. 4.
    3に溶かした無塩バターを加えて全体に馴染むまで混ぜ合わせたら型に流し入れて170℃に予熱したオーブンで30分焼きます。
  6. 5.
    竹串を刺して、生地が付いて来なければ焼き上がりです。熱いうちに型から取り出して裏返して冷まします。
  7. 6.
    鍋にシロップの材料を全て入れひと煮立ちさせてアルコールを飛ばします。
  8. 7.
    5の表面を薄く切除したあと、さらに横から半分に切り、表面に6を塗ります。
  9. 8.
    桃の皮を剥き、種を取りくし切りにします。
  10. 9.
    鍋に8と①を入れて中火で加熱して沸騰したら弱火にして5分煮て粗熱を取り、水気を切ります。
  11. 10.
    ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れて泡立て器で8分立てになるまで泡立てます。
  12. 11.
    7に10を塗り、9とミントを盛り付けたら完成です。

料理のコツ・ポイント

オーブンは必ず予熱を完了させてから焼いてください。
予熱機能のないオーブンの場合は温度を設定し10分加熱を行った後、焼き始めてください。
ご使用のオーブンの機種や使用年数等により、火力に誤差が生じる事があります。焼き時間は目安にし、必ず調整を行ってください。
焼き色が付きすぎてしまう場合は、アルミホイルをかけてください。
型から外すときは熱いので火傷をしないようにミトンなどを使用して行ってください。
デコレーションをするときは生地をしっかり冷ましてから行ってください。
桃は完熟より少し固めの方が煮たときに煮崩れしにくくおすすめです。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜たっぷり 餃子でロール白菜
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background角切り大根の無限ナムル
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツとカニカマたくあんのコールスロー
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundキムチチーズ厚揚げ焼き
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background鶏もも肉とえのきのねぎ塩焼き
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください