じゃがいもムースでおもてなし料理 レシピ・作り方

「じゃがいもムースでおもてなし料理」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

ひんやり、つるっとしていて美味しい、じゃがいものムースです。 ドーナツ型で形を作ることで、おもてなしの料理としても使えるレシピです。 この一品で、テーブルが華やぐのでオススメです。 ぜひお試しくださいね。
調理時間:30分
費用目安:350円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(1台分(15cm×4cm))

  • じゃがいもムース
  • じゃがいも200g
  • 牛乳250ml
  • 生クリーム50ml
  • 130ml
  • コンソメ顆粒10g
  • 塩こしょう小さじ1/2
  • ゼラチン5g
  • 水 (ゼラチンをふやかす用)大さじ2
  • コンソメジュレ
  • 150ml
  • コンソメ顆粒5g
  • ゼラチン2g
  • 水 (ゼラチンをふやかす用)大さじ1
  • パセリ適量

作り方

  1. 準備.
    じゃがいもの皮をむいて芽をとっておきます。
  2. 1.
    じゃがいもムース用と、コンソメジュレ用それぞれ、ゼラチンに水を入れてふやかしておきます。
  3. 2.
    じゃがいもを一口大に切ったら耐熱ボウルに入れて、ラップをし、600Wの電子レンジで5分加熱して取り出したら、マッシャーで潰します。
  4. 3.
    2に牛乳と塩こしょうを加え混ぜたら、こします。
  5. 4.
    鍋にお湯を沸かし、沸騰直前で火を止めてコンソメとじゃがいもムース用の1を入れてよく溶かしたら、3に加え混ぜます。
  6. 5.
    生クリームを6分立てにしたら、4とさっくり混ぜ合わせ、型に流し、粗熱を取ったら3時間ほど固まるまで冷やします。
  7. 6.
    鍋にお湯を沸かし、沸騰直前で火を止めて、コンソメ顆粒とコンソメジュレ用の1を入れて溶かしたら、火から下ろし1時間ほど冷やします。
  8. 7.
    6が固まったらスプーンでクラッシュします。
  9. 8.
    5をお皿にのせて、7を中心にのせてパセリを振りかけたら完成です。

料理のコツ・ポイント

塩加減は、お好みで調整して下さい。
ゼラチンに使用するお湯の温度はご使用のメーカーによって異なりますのでご確認いただき、使用方法に従って下さい。
ゼラチンは沸騰させてしまうと凝固率が下がり固まりにくくなってしまいますので、沸騰させない様注意して下さい。

たべれぽ

コンテンツがありません。

コメント

ゆーこ
ゆーこ
最初に入れた方のゼラチンは何グラムの方ですか?あと生クリームの代用はありますか?
7ヶ月前
kurashiru
kurashiru
コンソメジュレに入れたものは材料に記載のゼラチン2gに水大さじ1のゼラチンです。なた、生クリームを入れることで濃厚な味になるので、入れていただくことをおすすめ致します。
とてもおいしいのでぜひ試してみて下さいね。おいしく作れますように。
7ヶ月前

人気のカテゴリ

Video preload backgroundさっぱり 白菜とちくわの和え物
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background牛肉としいたけのみぞれ炒め
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもとピーマンのトマト炒め煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload background春キャベツとしらすの旨みペペロンチーノ
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background豚肉とブロッコリーのオイスターソース炒め
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundお弁当に欠かせない 定番唐揚げ
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください