クリスマスカラーマカロン レシピ・作り方

「クリスマスカラーマカロン」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

見た目のかわいいクリスマスカラーのマカロンの紹介です。手順が多く難しいマカロンですが、ポイントをおさえれば、しっかりとしたマカロンが作れます。女子会やパーティー、プレゼントにもぴったりです。ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。
調理時間:120分
費用目安:700円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(20個分)

  • アーモンドプードル90g
  • 粉糖80g
  • メレンゲ
  • 卵白65g
  • グラニュー糖70g
  • 卵白6g
  • 食紅少々
  • 抹茶パウダー5g
  • クリーム
  • ホワイトチョコレート100g
  • 生クリーム70ml
  • トッピング
  • トッピングシュガー適量
  • アラザン適量

作り方

  1. 1.
    鍋に生クリームを入れ沸騰直前まで加熱します
  2. 2.
    ボウルにホワイトチョコレートを割り入れ1を加えて、チョコレートが溶けるまでよく混ぜ合わせます。ラップをして冷蔵庫で1時間冷やします。
  3. 3.
    別ボウルにアーモンドプードル、粉糖をふるいにかけ、混ぜ合わせます。これの半量をまた別ボウルに入れて抹茶パウダーを加えて混ぜます。
  4. 4.
    別ボウルにメレンゲを作ります。卵白、グラニュー糖の1/3を入れ、泡立て器で泡立てます。白っぽく泡立ってきたら残りグラニュー糖の半量を加え1分泡立てます。残りのグラニュー糖もすべて加え、再度1分泡立てます。ツノが軽く倒れるぐらいまで泡立てます。
  5. 5.
    4の半量を3の片方にいれ、卵白を3gと食紅を加えゴムベラで優しく混ぜ合わせます。ゴムベラで上からたらしてみて、全体がつながりゆっくり落ちるくらいになるまで混ぜマカロナージュします。
  6. 6.
    5の残りに抹茶パウダーを加えたもう片方の3と卵白3gを加えて5と同様になるまでマカロナージュします。
  7. 7.
    5、6をそれぞれ丸口金のついた絞り袋に入れ、クッキングシートを敷いた天板に3〜4cm大に丸く絞ります。表面が乾くまで30〜60分ほど乾燥させます。
  8. 8.
    7の表面を指で左右に動かして触ってもくっつかなくなったら、150℃のオーブンの上段で6分焼きます。その後、130℃に温度を下げたオーブンの下段で5分焼きます。焼けたら常温で冷やします。
  9. 9.
    2を絞り袋に入れ8の半量に絞り出し、残りの8を被せ、サンドして完成です。 お好みでトッピングを飾り付けて下さい。

料理のコツ・ポイント

マカロナージュとは、卵白と粉類を混ぜ合わせる時にメレンゲの泡を優しく潰しながら混ぜていく作業の事を言います。
5、6の手順の時、混ぜ過ぎると膨らまなくなりますが、混ぜ足りないと生地に空気が残りすぎるので、表面が割れてしまいます。マカロナージュをしっかりしてください。
手順7では表面をしっかり乾かさないと加熱時表面が割れてしまうので、しっかり乾かしてください。
マカロンは気温や湿度によって乾燥時間やメレンゲの状態が変わってきます。焼く際は、オーブンを見ながら気をつけて焼いてください

人気のカテゴリ

Video preload background白菜たっぷり 餃子でロール白菜
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background大根とリンゴのさっぱりマリネ
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload background春キャベツたっぷり つるつる食感が美味しいあさりの鍋
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload background豚バラ肉と大葉のレンジ蒸し
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload backgroundお弁当に 一口ハニーマスタードチキン
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください