2022.7.21

今だからこそ食べたい!旨みたっぷりな夏野菜を使った“旬おかず”レシピ5選

暑さが増してくるとともに、色鮮やかな夏野菜をスーパーなどで見かける機会が増えてきましたね。今回は、夏野菜で作る絶品おかずをご紹介します。まるごと出汁トマトや、ズッキーニのやみつきナムルなどをピックアップしました。夏の食卓にぴったりのレシピを、ぜひチェックしてくださいね。

1.オクラのしょうが和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やみつき間違いなしの、オクラの生姜和えをご紹介します。生姜の爽やかな風味を存分に楽しめる、シンプルな味わいの一品です。オクラがネバネバとしているので、しょうゆ味がよく絡み、とてもおいしいですよ。暑い日にも思わず箸が伸びてしまう、さっぱりとした味わいなので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • オクラ・・・8本
  • 塩 (板ずり用)・・・小さじ1/2
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • 生姜・・・10g
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとっておきます。
1.オクラはヘタの先端を切り落とし、ガクを取り除き、塩をふって板ずりをします。
2.鍋にお湯を沸かし、1を1分ほどゆでてお湯を切り、粗熱を取ります。
3.薄い斜め切りにします。
4.生姜は皮をむき、千切りにします。
5.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、3と4を加えて和えます。
6.器に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

2.キンキンに冷やして まるごと出汁トマト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

まるごと出汁トマトのレシピをご紹介します。ひんやりとしたジューシーなトマトに、旨みたっぷりの白だしがよく染みた、やみつき間違いなしの一品です。見た目にもインパクトがあり、食卓を華やかに彩ってくれること間違いなしですよ。冷蔵庫でしっかりと冷やして召し上がれば、これからの季節にもぴったり!ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • トマト (計200g)・・・2個
  • お湯 (ゆで用)・・・800ml
  • 冷水 (湯剥き用)・・・1000ml
  • 大葉・・・2枚
  • (A)水・・・300ml
  • (A)白だし・・・100ml

作り方

1.トマトはヘタをとり、十字に浅く切り込みを入れます。
2.鍋にお湯を沸かし、1を入れてゆでます。薄皮が剥がれてきたら手早くお湯から取り出し、冷水にさらします。トマトの粗熱が取れたら、皮を剥きます。
3.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、2を漬けます。ラップをかけて、トマトが冷えるまで冷蔵庫で2時間冷やします。
4.大葉は軸を切り落とし、千切りにします。
5.器に3を盛り付け、4をのせて完成です。

3.揚げ焼きで 香ばしゴーヤの唐揚げ

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

サクッと香ばしい風味がたまらない、ゴーヤの唐揚げを作ってみませんか。下味をつけたゴーヤに、片栗粉と黒いりごまの衣をつけて、カラリと揚げ焼きにしました。添え物のレモンを絞って食べると、さっぱりとしてとてもおいしいですよ。お酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(4人前)

  • ゴーヤ・・・1本
  • (A)塩・・・小さじ1/2
  • (A)砂糖・・・小さじ2

-----下味-----

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • すりおろし生姜・・・小さじ1

-----衣-----

  • 片栗粉・・・大さじ4
  • 黒いりごま・・・大さじ1
  • 揚げ油・・・適量

-----添え物-----

  • レモン (スライス)・・・1枚

作り方

1.ゴーヤのヘタを切り落として縦半分に切ります。ワタをスプーンで取り除き、5mm幅に切ります。
2.ボウルに1、(A)を入れて揉みこみ、水分が出てきたら絞って水気を切ります。
3.ジップ付き保存袋に2、下味の材料を入れて揉み、15分置きます。
4.別のボウルに衣の材料を入れて混ぜ、汁気を切った3を入れてまぶします。
5.フライパンの底から1cmほどの揚げ油を注ぎ、170℃に熱し、4を入れます。3分ほど揚げ焼きにして、衣が色づいたら油を切ります。
6.お皿に盛り付け、レモンを添えて完成です。

人気のカテゴリ