2021.10.29

「今週頑張ったから飲みたい!」さっと作れる“えのきおつまみ”レシピ5選

一年を通じて手に入りやすく、食卓に上る機会も多い「えのき」。独特の歯ごたえとクセのない味わいが魅力で、さまざまな味つけや調理法で楽しめる食材です。

そこで今回は、えのきを使って作るおつまみのレシピをご紹介します。えのきのガーリックナムルやえのきのバター醤油など、短時間でさっとお作りいただけるお手軽レシピをピックアップしました。どれも少ない材料で簡単に作れるので、ぜひチェックしてくださいね。

1.とろーりチーズの えのきベーコン巻き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろーりととけたチーズが見た目にも食欲をそそる、えのきベーコン巻きのレシピをご紹介します。ベーコンの塩気や旨みがえのきにしっかりと染み込んで、やみつきになるおいしさですよ。味つけがめんつゆのみなので、料理初心者の方でも失敗なくお作りいただけます。とろとろのチーズにたっぷりと絡めて召し上がってくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・100g
  • 薄切りロングベーコン・・・6枚
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • 有塩バター・・・20g

作り方

1.えのきの石づきを切り落とし、6等分にします。
2.薄切りロングベーコンで1を巻き、巻き終わりをつまようじで留めます。
3.中火で熱したフライパンで有塩バターを溶かし、2の巻き終わりを下にして焼き色がつくまで焼きます。
4.めんつゆを回し入れ、中火で全体に絡めたら、弱火にし、ピザ用チーズを散らして蓋をし、チーズが溶けるまで5分蒸し焼きにします。
5.火からおろしてお皿に盛りつけて完成です。

2.レンジで簡単 えのきの梅和え

  ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

本日の晩酌に、えのきの梅和えはいかがでしょうか。梅干しの酸味で、さっぱりと召し上がれる一品です。今回は梅干しを使用しましたが、市販のチューブ梅肉を使うと、さらにお手軽にお作りいただけますよ。お酒のおつまみだけでなく、あと一品が欲しいときの副菜にもおすすめです。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・100g
  • 梅干し・・・2個
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • 酒・・・小さじ2
  • かつお節・・・1g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.石づきを切り落とし、3cm幅に切ります。
2.梅干しは種を取り、包丁でたたきます。
3.耐熱ボウルに1とめんつゆ、酒、かつお節を入れて、混ぜ合わせます。ラップをかけて、600Wの電子レンジで2分半加熱します。
4.2を入れ、よく混ぜて、粗熱を取ります。
5.器に盛り付けて、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.レンジで簡単 えのきのガーリックナムル

  ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで作る、えのきのガーリックナムルをご紹介します。ニンニクとごま油の風味が食欲をそそるおつまみです。粗挽き黒こしょうのピリッとした辛さがアクセントになり、思わずお酒がすすんでしまう味わいですよ。味がしっかりとついているので、ごはんのおかずにもぴったりです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・200g
  • 料理酒・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • (A)砂糖・・・小さじ1/4
  • 粗挽き黒こしょう・・・適量

作り方

1.えのきは根元を切り落とし、5cm幅に切ります。
2.耐熱ボウルに1、料理酒を入れてラップをし、600Wの電子レンジで3分程加熱します。
3.(A)を加えて混ぜ合わせ、お皿に盛り付け、粗挽き黒こしょうを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ