2020.7.7

ミニトマトの保存方法|長持ちのコツ|湿気を防いで鮮度を保とう

ころんとした見た目がかわいらしいミニトマト。鮮やかな色味も美しく、サラダやおかず、お弁当など日々のお料理の彩りには欠かせない存在ですよね。

しかしせっかく買ったは良いものの、「全部使い切れずにシワシワになってしまった」「熟しすぎてぶよぶよになってしまった」といった経験がある方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ミニトマトの正しい保存方法をご紹介します。傷みやすいミニトマトだからこそきちんと保存しておいしく食べ切りましょう!

保存のポイントは「常温保存」と「湿気を防ぐ」

夏が旬のミニトマトは、寒さが苦手です。

ついつい冷蔵庫に入れてしまいがちですが、基本的に常温で保存することで、ミニトマト本来のおいしさを楽しむことが出来ます。

すぐに食べきれない場合は正しい冷蔵、冷凍保存方法で新鮮な状態を長持ちさせましょう。またミニトマトは湿気にも弱いため、保存する前に水分をしっかり拭き取ることも大切です。

■常温保存

①通気性の良いザルやかごの上にミニトマトを置く

②直射日光の当たらないところで保存する

【ポイント】

・未熟な場合やすぐ食べる場合は室温で保存しましょう。赤く熟したタイミングでお召し上がりください。

・ミニトマトはパックのままやお皿、タッパーなどに置くと湿気で傷みやすくなってしまいます。必ず通気性の良いザルやかごを用意してください。

■冷蔵庫の野菜室で保存

①ミニトマトのヘタを取り、水洗いする

②タッパーの底にキッチンペーパーを敷き、水気を拭き取ったミニトマトを並べる

③並べたミニトマトの上にキッチンペーパーか新聞紙をかぶせ、タッパーに蓋をする

④冷蔵庫の野菜室で保存する

【ポイント】

・ヘタを取ることで雑菌の繁殖を防ぐことが出来ます。

・水洗いするときはミニトマトが傷つかないよう、優しく丁寧に洗いましょう。

・水気が残った状態で密閉すると湿気がこもり、実が割れやすくなってしまいます。ミニトマトやタッパーに残った水分はきれいに拭き取ってください。

■冷凍室で長期保存

①ミニトマトのヘタを取り、水洗いする

②水気を拭き取ったミニトマトを冷凍保存袋へ入れる

③冷凍庫で保存する。

【ポイント】 

・冷凍保存袋に入れる際は、ミニトマトが重ならないように平らに並べましょう。

・傷み防止のため、冷凍保存袋の中の空気はしっかり抜いてください。

・冷凍したトマトは冷水をかけるだけでスルンと皮が剥けます。とても簡単なので、湯剥きが必要な煮込み料理やパスタソースなどにご活用ください。

・すぐに使わない場合は、冷凍保存袋に保存した日にちをメモしておきましょう。時間がたっても管理しやすくなります。

正しく保存してフレッシュなミニトマトを楽しもう!

今回はミニトマトの保存方法をご紹介しました。

ミニトマトはお料理やお弁当の彩りとして少量ずつ使うことも多く、ついつい余らせてしまいがちですよね。いざ使いたいときに傷んでいたなんてことがないよう、上手に保存して、ツヤツヤした状態のまま、おいしく使い切りましょう。

クラシルでは、ミニトマトの選び方についてもご紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

ミニトマトの選び方と栄養素|買い物で役立つ基本の「き」

人気のカテゴリ