2022.4.29

「ささっと10分以内で完成!」パンにもごはんにも合う“朝食おかず”レシピ5選

貴重な朝の時間。時間をかけずに朝食が作れたらうれしいですよね!今回は、ささっと10分以内で作れる「朝食おかず」レシピをご紹介します。シンプルなほうれん草のソテーや電子レンジで作れる卵料理など、1日のはじまりにぴったりなパンにもごはんにも合うレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.シンプルだけど鉄板!ほうれん草のソテー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

フライパンで手軽に作れるほうれん草のソテーはいかがでしょうか。定番メニューではありますが、シンプルな味つけなので失敗が少なく、ごはんやパンのおかずにぴったりですよ!ベーコンの旨味とバター醤油の香りが食欲をそそり、箸が止まらなくなるおいしさです。そのままでも十分おいしいですが、トーストにのせたり、パスタと和えるなどアレンジも試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・150g
  • 薄切りハーフベーコン・・・70g
  • しめじ・・・1/2株
  • 有塩バター・・・10g
  • 酒・・・小さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 黒こしょう・・・少々

作り方

1.ほうれん草を3センチ幅、薄切りハーフベーコンを1センチ幅に切ります。しめじはいしづきを切ってほぐします。
2.フライパンに有塩バターをひいて中火で熱し、バターが溶けたらベーコン、ほうれん草、酒を入れて蓋をします。
3.ほうれん草がしんなりしたら、しめじ、しょうゆを入れて全体がよく混ざったらお皿に盛り付け、黒こしょうをかけて完成です。

2.朝ごはんのおかずに レンジでかわいいひとくちオムレツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで作れるオムレツのご紹介です。ひとくちサイズで食べやすく、お子さまにも大人気な一品!卵にマヨネーズを加えることでふわっとやわらかい食感のオムレツに仕上がります。ロースハムが入ってしっかりと食べ応えがあるのもうれしいですね。ちょこんとケチャップをのせることでかわいく盛り付けできますので、ぜひ作ってみてください。

材料(2人前)

  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・2個分
  • ロースハム (計40g)・・・4枚
  • (A)マヨネーズ・・・小さじ2
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ1
  • ケチャップ・・・大さじ1
  • パセリ (生)・・・適量

作り方

準備.パセリは刻んでおきます。
1.ロースハムはみじん切りにします。
2.ボウルに溶き卵、1、(A)を入れ、よく混ぜ合わせます。
3.耐熱ボウルにラップを敷き、2を1/4量流し入れて口をふんわりと閉じ、500Wの電子レンジで1分半程度加熱します。卵が固まったら電子レンジから取り出し、キッチンペーパーで包み、形を整えます。同様に3つ作ります。 ※ラップの口をふんわりと閉じることで、加熱時に破裂を防ぐことができます。 ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。必要に応じて加熱時間を調整してください。追加加熱する際は、必ず様子を見ながら完全に火が通るまで10秒ずつ加熱してください。
4.ラップをはがし、器に盛り付け、ケチャップをかけ、パセリを散らしたら出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

3.簡単朝ごはん レタスとベーコンのレンジ蒸し

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

忙しい朝は、包丁を使わずに電子レンジでパパッと作れるこちらのレシピがおすすめ!レタスとベーコンのレンジ蒸しをご紹介します。レタスにベーコンの旨味と調味料がよく絡んでやみつきになるおいしさですよ!レタスの食感が残る程度に加熱するのが、よりおいしく仕上げるポイントです。簡単に作れて、ごはんにもパンにも合いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

材料(2人前)

  • レタス・・・200g
  • 薄切りハーフベーコン・・・6枚
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・小さじ1

作り方

準備.レタスは芯を取り除いておきます。
1.レタスは手で一口大にちぎります。
2.耐熱皿に1、薄切りハーフベーコンを並べ、全体に(A)をかけ、ごま油を回し入れます。
3.ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジでレタスがしんなりするまで3分ほど加熱して完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ