2021.10.12

バニラアイスを大活用!おうちで絶品“アレンジおやつ”レシピ5選

甘いものが食べたくなったときや休日のおやつなどに、手軽に揃う材料でいろいろなスイーツが作れたらうれしいですよね。

今回はそんなときにおすすめな、市販のバニラアイスを活用した絶品アレンジスイーツレシピをご紹介します。バニラアイスを使うことで、少ない材料でも絶品スイーツが作れますよ。工程も少なく、手軽にお菓子作りが楽しめますので、ぜひおうちでお試しくださいね。

1.材料2つで簡単 アイスで作るプリン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

市販のバニラアイスを使うと、とても簡単にプリンが作れますよ。溶かしたバニラアイスに卵を加えて、電子レンジで加熱したら完成という手軽さです。難しい工程もないので、お子様でも簡単にプリン作りが楽しめますよ。バニラアイスの甘さを活かした簡単プリンをぜひお試しくださいね。

材料(3個分(容量100mlココット))

  • バニラアイス・・・200g
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個

作り方

1.大きめの耐熱ボウルにバニラアイスを入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで1分加熱し、溶かします。
2.卵を加えて泡立て器で混ぜ合わせ、ココットに注ぎます。
3.ラップをかけずに1個ずつそれぞれ、600Wの電子レンジで50秒加熱します。
4.表面に膜が張り、ゆすったときに液状でなければ、粗熱を取り、ラップをかけて冷蔵庫で1時間ほど冷やして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整し加熱してください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、しっかりと加熱し卵の生食を避けてください。

2.市販のアイスで 簡単チーズケーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

市販のバニラアイスを使って作る、簡単チーズケーキのご紹介です。バニラアイスを使うことで、チーズケーキを作るハードルが下がりますよ。カップに流し入れてオーブンで焼きあげれば完成!少ない材料で作れるので、気軽にチャレンジできますよ。簡単に濃厚な味わいが楽しめますので、休日のおやつ作りにいかがですか。

材料(6個分(直径5.4cm×高さ4cm))

  • クリームチーズ・・・150g
  • バニラアイス・・・120g
  • 溶き卵・・・1個分
  • レモン汁・・・小さじ1
  • 薄力粉・・・大さじ1
  • チャービル・・・適量

作り方

準備.卵は常温に出しておきます。 クリームチーズとバニラアイスは常温に出し、柔らかくしておきます。 オーブンを170℃に予熱しておきます。
1.ボウルにクリームチーズ、バニラアイス、溶き卵を少しずつ加え、レモン汁を入れ、薄力粉をふるい入れてよく混ぜ合わせます。
2.1をカップ型に流し入れ、170℃のオーブンで30分ほど焼き色が付くまで焼きます。

3.粗熱が取れたら、冷蔵庫で1時間以上冷やします。
4.皿に盛り付け、チャービルをのせて完成です。

3.市販のアイスで簡単 かぼちゃチーズケーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

材料を混ぜて焼くだけで作れる、かぼちゃチーズケーキはいかがですか。市販のバニラアイスを使うことで、少ない材料でも濃厚な味わいのかぼちゃチーズケーキに仕上がります。とても手軽に作れるので、お子様とのおやつ作りにもおすすめです。ぜひお試しくださいね。

材料(5個分)

  • バニラアイス (市販)・・・200g
  • かぼちゃ (正味量)・・・150g
  • クリームチーズ・・・150g
  • 卵・・・1個
  • 薄力粉・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • ホイップクリーム (市販)・・・大さじ1
  • かぼちゃの種・・・適量
  • ミント・・・適量

作り方

準備.かぼちゃは皮と種とワタを取り除いておきます。 クリームチーズを常温に出し、柔らかくしておきます。オーブンを180℃に予熱しておきます。
1.かぼちゃを一口大に切ります。
2.耐熱ボウルに入れ、ラップをして600Wのレンジで3分程柔らかくなるまで加熱します。

3.軽く潰し、クリームチーズ、バニラアイス、卵、薄力粉を入れてハンドミキサーで全体が混ざるまで混ぜ合わせます。
4.ココットに3を流し入れ、180℃に予熱したオーブンで20〜30分、途中アルミホイルをかけて焼きます。
5.粗熱が取れたら冷蔵庫で30分以上冷やし、トッピングを飾って完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整し加熱してください。

人気のカテゴリ