2021.6.3

【煮立てる】ってどんな意味?煮詰めるとの違いと絶品煮物レシピ3選

煮立てるのにはどんな理由が?

レシピでよく見かける「煮立てる」という調理工程。鍋を火にかける際におこなう工程ですが、その方法をご存知ですか?

今回は、そんな「煮立てる」の意味と理由、そのポイントをご紹介します。さらに、「煮詰める」との違いや特徴も解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

「煮立てる」の意味とは?

「煮立てる」とは、水や煮汁を入れた鍋を沸騰させ、グラグラと上面が泡立つほどに加熱することです。 煮汁などを煮立たせると、風味が飛ばずまろやかな口当たりに仕上がります。食材の甘みを引き出したり、食感を良くする効果もありますよ。また、煮立てた煮汁に魚を加えることで、魚の生臭さが他の食材にうつらくなります。

ただし、スープや煮物の場合はそのまま煮てしまうとふきこぼれたり、水分が飛びすぎてしまう恐れがあります。一度煮立ったら、火加減を調整するようにしましょう。

「煮立てる」と「煮詰める」の違いは?

煮立てると似た言葉に「煮詰める」という工程があります。これもまたレシピで見る機会が多いですよね。

「煮詰める」とは、火にかけることで水や煮汁の水分を飛ばすことです。水分が飛ぶととろみが出て、味をぎゅっと濃くすることができます。ソースの仕上げなどでよく使われる調理工程です。

言葉が似ていても、効果や役割が違うんですね。

人気のカテゴリ