2021.7.26

「トロッと濃厚食感!」10分で完成“アボカドおつまみ”レシピ5選

「森のバター」と呼ばれるほど、濃厚でクリーミーな味わいが魅力の「アボカド」。そのまま食べても十分おいしいですが、パパッとひと手間加えるだけで、もっとおいしくいただけるんです!

今回はそんなアボカドを使った、10分で完成するおつまみレシピをご紹介します。サラダチキンと合わせたナムル風の和え物や、食べ応え抜群のマヨサラダなど、アボカドのトロッとした食感を活かしたレシピを幅広くピックアップしました。お酒のおつまみにはもちろん、あと一品欲しいときや箸休めにもぴったりなものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.すぐ作れる サラダチキンとアボカドのナムル風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

そのまま食べてもおいしいサラダチキンにアボカドを合わせて、ナムル風に仕上げた一品をご紹介します。濃厚なアボカドとあっさりとしたサラダチキンに、ごま油の風味が効いたタレがよく絡み絶品!火を使わず、材料を切って調味料で和えるだけでパパッと作れるので、時間がないときにも重宝するレシピです。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • サラダチキン (ハーブ味)・・・100g
  • アボカド (正味量100g)・・・1個
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/4
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・ふたつまみ

作り方
準備.アボカドは種を取り皮をむいておきます。
1.アボカドは2cm角に切ります。
2.サラダチキンは2cm角に切ります。
3.ボウルに1、2、(A)を入れて和え、器に盛り付けて完成です。

2.5分で作れる アボカドのレモンマヨネーズ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

思い立ったときにすぐ作れる、アボカドのレモンマヨネーズ和えのご紹介です。一口食べると、まろやかでとろっと濃厚なアボカドとマヨネーズの風味が口いっぱいに広がります。レモン汁を加えているので、後味は意外にもさっぱりとしていますよ!切って和えるだけで簡単に作ったとは思えないほど、濃厚でリッチな味わいに仕上がるうれしい一品です。お酒のおつまみや副菜に、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • アボカド(正味量100g)・・・1個
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)レモン汁・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・ふたつまみ

作り方
準備.アボカドは種と皮を取っておきます。
1.アボカドは2cm角に切ります。
2.ボウルに1、(A)を入れ和えたら、器に盛り付けて完成です。

3.アボカドとポテトの卵マヨサラダ

食べ応え抜群!クリーミーなアボカドとホクホクのじゃがいも、ゆで卵をマヨネーズとレモン汁で和えたサラダのレシピです。まったり濃厚な味わいですが、レモンの爽やかな酸味がアクセントになっていて、最後まで飽きることなく、おいしくお召し上がりいただけますよ。白ワインなどのお酒にもよく合う、おもてなしやホームパーティーにおすすめの一品です。

材料(2人前)

  • アボカド(150g)・・・1個
  • じゃがいも(計250g)・・・2個
  • 水(さらす用)・・・適量
  • ゆで卵・・・2個
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)レモン汁・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・小さじ1/4
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・小さじ1/4

作り方

準備.アボカドは皮をむき、種を取り除いておきます。じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。
1.アボカドは一口大に切ります。
2.ゆで卵は一口大に切ります。
3.じゃがいもは一口大に切り、水に5分ほどさらし、水気を切ります。 耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで火が通るまで3分ほど加熱します。
4.粗熱が取れたら1、2、(A)を入れて混ぜ合わせます。
5.器に盛り付けて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しなら加熱してください。

人気のカテゴリ