2022.1.5

メインだけだと物足りないときに!簡単“じゃがいもの副菜”レシピ5選

柔らかくホクホクとした食感が人気で、使い道が豊富なじゃがいも。ストックしてあると何かと便利な食材のひとつですよね。

今回はそんなじゃがいもでささっとお作りいただける副菜レシピをご紹介します。ツナ缶のコクがおいしい無限じゃがいもや、紅生姜を加えた和風ポテトサラダなどをピックアップしました。食べ応え十分なレシピになっていますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

1.ホクホク美味しい無限じゃがいも

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ニンニクとバターの香りが食欲をそそる無限じゃがいもをご紹介します。電子レンジで加熱したじゃがいもにバターとツナ缶、調味料を和えるだけ!熱々のじゃがいもにバターを和えると、バターがよく染みてコクたっぷりに仕上がります。火を使わずに作れる手軽さがうれしいですね。ご家庭にある調味料でお作りいただけますので、今晩のおかずにいかがでしょうか。

材料(2人前)

  • じゃがいも (計400g)・・・3個
  • 有塩バター・・・20g
  • ツナ油漬け・・・70g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3
  • (A)白いりごま・・・大さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量
  • のり (刻み)・・・適量

作り方
準備.じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。 ツナ油漬けは油を切っておきます。
1.じゃがいもは一口大に切ります。耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをかけ、やわらかくなるまで600Wの電子レンジで7分ほど加熱します。
2.熱いうちに有塩バターを入れて、溶けるまで和えます。
3.ツナ油漬け、(A)を加えて、味がなじむまで和えます。
4.お皿に盛り付け、トッピングをのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.ヤンニョム風ほくほくポテト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘辛いたれがこってりと絡んだ、韓国風の味つけはいかがでしょうか。電子レンジで柔らかくしたじゃがいもに、合わせ調味料を和えるだけのシンプルなレシピです。ケチャップの酸味と甘辛いコチュジャンが、素朴な甘さのじゃがいもとマッチして絶妙なおいしさ!思い立ったらすぐにお作りいただけるのでぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • じゃがいも (計250g)・・・2個
  • (A)コチュジャン・・・大さじ2
  • (A)ケチャップ・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1/3
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1/3
  • 白いりごま・・・適量

作り方
準備.じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。
1.じゃがいもは一口大に切ります。
2.耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをかけ、じゃがいもがやわらかくなるまで600Wの電子レンジで5分程加熱します。
3.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、2を加えて混ぜ合わせます。
4.お皿に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.紅生姜の和風ポテトサラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

冷蔵庫に紅生姜が余っていたら、和風ポテトサラダを作ってみませんか。マヨネーズとめんつゆで味つけすると、ポテトサラダが和風に仕上がりごはんのおかずにぴったりになりますよ。シャキシャキとした紅生姜の食感がアクセントとなり、さっぱり食べられる一品です。お酒のおつまみにもおすすめですので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • じゃがいも (計200g)・・・3個
  • 紅生姜・・・15g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ3
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ

作り方
準備.じゃがいもは皮を剥き、芽を取っておきます。
1.紅しょうがは粗みじん切りにします。
2.じゃがいもは一口大に切ります。
3.耐熱ボウルに入れ、ラップをし、500Wの電子レンジで5分程、柔らかくなるまで加熱し、熱いうちにフォークで潰します。
4.1、(A)を入れ、全体に味が馴染むように混ぜ合わせます。
5.器に盛りつけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ