2021.10.28

「これはなんの花でしょう?」ヒントは秋に食べたい赤い果物…

この写真、実はある果物の花なんです。何の果物か分かりますか?とっても身近なあの果物ですよ。年間を通して食べられますが、秋が収穫期です!

何となくイメージできたでしょうか?このあと答え合わせをしたら、その果物を使ったおすすめレシピをご紹介します!シャクシャクジューシーな、あの果物ですよ。

実はあまり見たことなかった果物の花…正解は?

正解は「りんご」の花!

とっても身近な果物ですが、花ははじめて見たという方も多いのではないでしょうか。果実からは想像できない、可憐な花ですよね。りんごは保存がきくので1年を通して手に入りますが、実は秋から冬が旬。春に花が咲き、秋が収穫期です。採れたてジューシーなりんごが食べられるのは旬の時期ならではですよ。

りんごでスイーツ作り!

りんごはそのまま食べてもおいしいですが、アップルパイやりんご飴など、スイーツでもおなじみですよね。ここからは、手軽にできて味は絶品!りんごのスイーツレシピをご紹介します。りんごは火を通しても風味がしっかり残ります。トロッとした食感になり甘さが引き立つので、お菓子にしてもおいしいですよ。

1.りんごたっぷり シナモンアップルパイ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

りんごといえばアップルパイですよね。市販のパイシートを使えばアップルパイはとっても簡単です。やわらかいりんごのフィリングと、サクサク生地の組み合わせがたまりません。砕いたビスケットをりんごの下に敷き詰めて、クランブルのような楽しい食感に仕上げるのがポイント!シナモンの風味が効いた、おいしいアップルパイです。

材料(1台分(18cmタルト型))

  • 強力粉 (打ち粉)・・・適量
  • 冷凍パイシート・・・4枚

-----りんごのフィリング-----

  • りんご・・・3個
  • グラニュー糖・・・50g
  • 生クリーム・・・30ml
  • 無塩バター・・・20g
  • シナモンパウダー・・・小さじ1/2
  • ビスケット・・・50g
  • 溶き卵・・・1個分
  • チャービル・・・適量

作り方

準備.冷凍パイシート2枚はパッケージに記載されている通りに解凍しておきます。
1.ビスケットは袋に入れて麺棒で細かく砕きます。
2.りんごは芯を取り除き、8等分のくし切りにしたら、皮を剥きます。
3.りんごのフィリングの材料を全て鍋に入れて弱火にかけます。水気が出てきたら、中火にし、りんごが柔らかくなったら火から下ろし、粗熱をとります。
4.打ち粉をし、解凍したパイシート2枚を半分に切り、全て重ねて伸ばしたら、タルト型に敷きます。オーブンは200℃に予熱します。
5.4に1、3を敷き詰めます。
6.打ち粉をし、解凍していない冷凍パイシート2枚をそれぞれ縦7等分に切ります。
7.5の上に6を10本、格子状に編み込みながら乗せます。残りの4本はねじりながら縁に乗せ、全体に溶き卵を塗ります。
8.200℃に予熱したオーブンで20分焼きます。
9.焼き色がついたら取り出し、チャービルを飾ったら完成です。

人気のカテゴリ