2022.6.17

余裕のある日はまとめて作り置き!平日がグッと楽になる“副菜”レシピ5選

常備菜を時間のあるときに作っておけば、忙しい日に重宝しますよね。今回は作り置きできる副菜のレシピをご紹介します。キャベツのペペロン風炒めや、鶏そぼろのひじき煮など、便利なだけではなく味も絶品のレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてくださいね。

1.万能おかず なすの味噌バター

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ガッツリ食べたい日の一品に、なすのみそバター焼きはいかがでしょうか。バターをたっぷり含んだジューシーなナスは、甘辛いみそダレとの相性抜群で、ごはんが止まらなくなる味わいですよ。仕上げにバターを追加することで、より豊かなコクと風味をお楽しみいただけます。ぜひ作ってみてくださいね!

材料(2人前)

  • ナス (計200g)・・・2本
  • (A)みそ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・大さじ1
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • 有塩バター (焼く用)・・・20g
  • 有塩バター (仕上げ用)・・・5g

作り方

1.ナスはヘタを切り落とし、縞目状にピーラーで皮をむき、1cm幅の輪切りにします。
2.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
3.フライパンに焼く用の有塩バターを入れて中火で熱し、1を入れます。
4.両面に焼き色がついたら2を加え弱火で炒めます。汁気がなくなったら火を止め、仕上げ用の有塩バターを加え、混ぜ合わせます。
5.器に盛り付けて完成です。

2.常備菜に ほうれん草ソテー

 ※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ほっとする味わいがたまらない、ほうれん草のソテーをご紹介します。旨みたっぷりのベーコンとほうれん草をバターで炒め、しょうゆを加えて香ばしく仕上げた、シンプルな味わいの一品です。粗挽き黒こしょうをかけることで味がピリッと引き締まり、お酒のおつまみにもぴったりですよ。ささっとお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ほうれん草・・・300g
  • お湯 (ゆで用)・・・1000ml
  • 塩 (ゆで用)・・・小さじ1
  • 薄切りロングベーコン・・・2枚
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)みりん・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)粗挽き黒こしょう・・・ひとつまみ
  • 有塩バター・・・10g

作り方

準備.ほうれん草は根を切り落としておきます。
1.お湯を沸騰させた鍋に塩、ほうれん草を入れて1分程ゆで、流水で冷やし、水気をよく切り、根元を切り落として3cm幅に切ります。
2.薄切りロングベーコンを5mm幅に切ります。
3.フライパンに有塩バターをひき、中火で熱し、バターが溶けたら2を入れて焼き色が付くまで炒めます。
4.1を入れて油がまわるまで中火で炒めます。
5.(A)を加えて、中火のまま味がなじむまで炒め、火から下ろして器に盛り付けて完成です。

3.にんじんとピーマンのじゃこきんぴら風炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

常備菜に、にんじんとピーマンのじゃこきんぴら風炒めを作ってみましょう!ちりめんじゃこの食感と磯の香りがアクセントになった、お箸の止まらない味わいの一品です。にんじんとピーマンの色合いが鮮やかで、食卓を明るく彩ってくれますよ。あと一品に迷ったときにもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • にんじん・・・100g
  • ピーマン (50g)・・・2個
  • ちりめんじゃこ・・・10g
  • 鷹の爪輪切り・・・小さじ1/4
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • (A)塩・・・少々
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.にんじんはヘタを切り落とし、皮を剥いておきます。 ピーマンは縦に半分に切り、ヘタと種を取り除いておきます。
1.にんじんは細切りにします。
2.ピーマンは細切りにします。
3.弱火で熱したフライパンにごま油、鷹の爪輪切りを入れ、香りが出てきたら1を加え中火で炒めます。
4.にんじんがしんなりとしたら、2を加えて中火で炒め合わせ、(A)、ちりめんじゃこを入れて全体に味がなじむまで炒めます。
5.火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ