2021.11.29

「これ読めますか?」ヒントは唐揚げにしても美味しいお酒にぴったりのアレ!気になる正解は…

「章魚」この漢字、なんと読むかわかりますか?プリプリとした食感で、揚げたり煮たりしてもおいしいこの食材は、お酒のおつまみとして食べる機会も多いあの食べ物です。

答え合わせのあとは、章魚を使った絶品レシピをご紹介します。ほっこり温かいやさしい味わいの煮物や、火を使わずにパパっと作れる簡単おかずなど、章魚のおいしさがたっぷり楽しめるレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

漢字に「魚」がついているのが大ヒント!この漢字の読み方は...?

実はこちら「タコ」と読みます!

「章魚」は中国語が由来で、日本では他にも「蛸」や「鮹」とも書きます。プリプリとした食感と特有の旨みがたまらないタコは、たこ焼きや唐揚げなどおなじみの食材ですよね。

「章魚」を使ったレシピをご紹介!

「章魚」の読み方がわかったところで、ここからは簡単にお作りいただける、タコのレシピをご紹介します。お酒のお供にもぴったりなレシピをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.ほっこり柔らかタコと大根の煮物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

タコの旨みが大根にたっぷり染みた、煮物のレシピをご紹介します。具材はタコと大根だけ、味つけはめんつゆひとつ!とってもシンプルな材料ですが、タコの旨みがだし汁に溶け出し、味わい深い一品になります。タコは加熱をすると硬くなるイメージがありますが、じっくりと煮ることでやわらかく仕上がりますよ。お好みで小ねぎを散らして召し上がってくださいね。

材料(2人前)

  • タコ (ボイル)・・・150g
  • 大根・・・300g
  • 水・・・500ml
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ3

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.大根は皮をむき一口大に切ります。
2.大きめの耐熱ボウルに1と水を入れラップをかけたら、600Wのレンジで10分加熱します。
3.タコは一口大に切ります。
4.2を鍋に移し、3とめんつゆを入れ、汁気が少なくなるまで中火で煮たら火から下ろして器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.ごま油香る タコときゅうりのキムチ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やみつき必至!ピリッと辛い、タコときゅうりのキムチ和えはいかがでしょうか。タコと旨辛なキムチは相性抜群!タコの旨味が引き立ちます。具材の食感が心地よく、ごま油の風味が食欲をそそります。わずか10分で作れるスピードメニューなので、あと一品欲しいときやお酒のおつまみにもぴったりですよ。とても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • タコ (ボイル・刺身用)・・・100g
  • きゅうり・・・1本
  • キムチ・・・50g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.きゅうりとタコは乱切りにします。
2.キムチは粗みじん切りにします。
3.ボウルに(A)、1、2を入れて混ぜ合わせます。
4.お皿に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

人気のカテゴリ