2022.8.23

「のせて焼くだけで完成!」バタバタな朝にぴったりな“時短トースト”レシピ5選

食材や調味料をのせて焼くだけでおいしい「トースト」。朝ごはんの定番ですが、味つけのバリエーションを増やしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、トーストの簡単アレンジレシピをご紹介します。濃厚なハムチーズグラタントーストや、ピーナッツバターとバナナのトーストなど、幅広いメニューをピックアップしました!

1.簡単 とろとろ半熟卵のカルボナーラ風トースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろーり卵がたまらない、カルボナーラ風トーストをご紹介します。食材を順番にのせた食パンを、トースターで焼くだけの簡単レシピ。コクたっぷりのチーズとマヨネーズに口当たりのよい半熟卵の組み合わせは、絶妙な味わいです。カルボナーラ風のとろとろの卵にピリリとした粗挽き黒こしょうの刺激が、やみつきになりますよ。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切り)・・・1枚
  • 薄切りハーフベーコン・・・3枚
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • ピザ用チーズ・・・40g
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2

-----トッピング-----

  • 粗挽き黒こしょう・・・適量

作り方

1.食パンの片面にすりおろしニンニクを塗ります。
2.薄切りハーフベーコンをのせ、ピザ用チーズを真ん中にくぼみができるようにのせます。
3.くぼみに卵をのせ、マヨネーズをかけたらアルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターで5分程焼きます。
4.表面に焼き色がつき、卵が半熟状になったら取り出し、粗挽き黒こしょうをふりかけて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.食パンでハムチーズグラタントースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューム満点!ハムチーズグラタントーストはいかがでしょうか。ホワイトソースは市販のものを使うので、手軽にワンランク上の仕上がりに!ハムの塩気とコーンの甘みがコクのあるホワイトソースに絡んで、とってもおいしいですよ。ピザ用チーズと粉チーズのダブル使いで、満足感も得られます。

材料(1人前)

  • 食パン(4枚切り)・・・1枚
  • ホワイトソース・・・70g
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • コーンの水煮 (正味量)・・・20g
  • ロースハム・・・2枚
  • 粉チーズ・・・小さじ1

-----トッピング-----

  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.ロースハムは細切りにします。
2.食パンにホワイトソースを塗り、1、コーンの水煮、ピザ用チーズ、粉チーズをのせ、アルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターで焼き色が付くまで7分程度焼きます。
3.器に盛り付け、パセリをふりかけたらできあがりです。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W180℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

3.食パンで マルゲリータ風トースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ランチにもぴったりな、マルゲリータ風トーストのご紹介です。ソースは、ケチャップやしょうゆ、砂糖などを混ぜ合わせて作るので、ピザ用ソースは必要なし!ミニトマトとバジル、チーズのシンプルな味わいに、酸味の効いたソースがよく合います。噛むたびにバジルがフワッと香り、あと引くおいしさですよ。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切)・・・1枚
  • ミニトマト・・・3個
  • バジル・・・5枚
  • 有塩バター・・・5g

-----ソース-----

  • ケチャップ・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1/2
  • 砂糖・・・小さじ1/2
  • オレガノ (乾燥)・・・小さじ1/4
  • ピザ用チーズ・・・20g

-----トッピング-----

  • バジル・・・適量

作り方

準備.ミニトマトのヘタは取っておきます。有塩バターは常温に戻しておきます。
1.ミニトマトは半分に切ります。
2.ボウルにソースの材料を入れて、よく混ぜ合わせます。
3.天板に食パンをのせ有塩バター、2を塗ります。
4.1、バジル、ピザ用チーズをのせます。
5.オーブントースターでこんがりと焼き色が付くまで8分程焼きます。食べやすい大きさに切ってバジルを添えたら完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

4.朝食に ピーナッツバターとバナナのトースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘いトーストがお好きなら、ピーナッツバターとバナナのトーストがおすすめです!ピーナッツバターを塗った食パンにバナナを並べ、シナモンシュガーをかけたら、あとはトースターへおまかせ。ピーナッツバターのコクとシナモンシュガーの風味が、バナナのやさしい甘さを引き立てます。食べごたえもあるので、おやつにもいいですね。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切)・・・1枚
  • バナナ・・・1本
  • ピーナッツバター (加糖)・・・20g
  • シナモンシュガー・・・小さじ1/2

作り方

1.バナナは5mm幅の輪切りにします。
2.食パンにピーナッツバターを塗り、1を並べます。
3.シナモンシュガーをふりかけ、アルミホイルを敷いた天板にのせてオーブントースターで5分焼きます。
4.こんがりと焼き色がついたらお皿に盛り付けて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

5.枝豆とツナコーンチーズトースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

子どもが喜ぶこと間違いなし!枝豆とツナコーンチーズトーストをご紹介します。相性のよいツナ×コーンに枝豆をプラスし、チーズと一緒に焼き上げました。コクのあるツナがコーンと枝豆の旨味を引き立てて、いくらでも食べられそうなおいしさです。枝豆とコーンの食感もいいアクセントになっています。ぜひお試しください。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切)・・・1枚
  • 有塩バター・・・5g

-----具材-----

  • ツナ油漬け・・・10g
  • 枝豆 (正味量・冷凍)・・・10g
  • コーン・・・10g
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • 黒こしょう・・・ひとつまみ

作り方

準備.ツナ油漬けは軽く油を切ります。枝豆はパッケージの表記に従い解凍し、鞘から取り出しておきます。
1.食パンに有塩バターを塗ります。
2.1に具材を全て乗せます。上からピザ用チーズ、黒こしょうをかけます。
3.アルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターでこんがりするまで約5分焼きます。
4.食べやすい大きさに切って完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

お好きな食材で、アレンジトーストを楽しんで

いかがでしたか。今回は、のせて焼くだけのトーストレシピを5つご紹介しました。食材や調味料の組み合わせ次第で、バリエーションがどんどん広がるトースト。食事系や甘い系などさまざまなレシピを紹介したので、お好みのトーストを見つけてみてくださいね。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

人気のカテゴリ