2022.2.13

週明けのバタバタ日にコレ!手間いらずの“ズボラうどん”レシピ5選

忙しい日は、手間いらずでおいしい食事が作れるとうれしいですよね。そこで今回は、簡単に作れる「うどん」レシピをご紹介します。シンプルな釜玉うどんやしらすうどん、洋風な味わいのガーリックうどんなど、バリエーション豊富にピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.簡単 かつお節でうまみたっぷり釜玉うどん風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

定番の「釜玉うどん」を手軽に作れるレシピをご紹介します。めんつゆや出汁を使わずに、かつお節をのせて旨味たっぷりに仕上げました。しょうゆと砂糖のシンプルな味つけがかつお節の風味を引き立て、簡単なのにクセになる味わいの一品。ご家庭によくある材料でぱぱっと作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • うどん (冷凍)・・・1玉
  • 卵・・・1個
  • かつお節・・・2g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量

作り方

1.大きめの耐熱ボウルに(A)を入れて混ぜ、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで30秒程加熱します。
2.別の耐熱ボウルにうどんを入れて、パッケージの表記通りに電子レンジで加熱し、解凍します。
3.ボウルに2と1を入れて混ぜ合わせます。
4.丼に3を入れ、卵、かつお節、小ねぎをのせて完成です。よく混ぜてお召し上がりください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.ツナとコーンの混ぜうどん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ツナとコーンで作る、混ぜうどんはいかがでしょうか。ツナの旨味が溶け出したオイルがうどんとよく絡んで、シンプルながら食べ応えのある一品です。甘みのあるコーンとツナの相性もよく、どんどんお箸がすすみますよ。お子様も喜ぶ具材の組み合わせですので、ランチや夕食にぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • うどん (冷凍) ・・・1玉
  • ツナ油漬け (オイルごと) ・・・70g
  • コーンの水煮 (正味量) ・・・20g
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量

作り方

1.うどんを耐熱ボウルに入れてふんわりとラップをかけ、パッケージの表記通りに電子レンジで加熱し、解凍します。
2.ツナ油漬け、コーンの水煮、しょうゆを加えて全体に味がなじむように混ぜ合わせます。
3.お皿に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

3.お手軽 釜玉しらすうどん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

しらすのおいしさを堪能できるうどんのご紹介です。シンプルな一品ですが、香ばしいごま油の香りとのりの風味がアクセントになり、最後まで食べ飽きません。卵黄を崩してうどんに絡めるとまろやかさが加わり、また違った味わいを楽しむことができますよ。めんつゆの量は調整して、お好みの味に仕上げてくださいね。

材料(1人前)

  • うどん (冷凍) ・・・1玉
  • ごま油・・・小さじ1
  • 釜揚げしらす・・・30g
  • のり (きざみ) ・・・適量
  • 小ねぎ (小口切り) ・・・適量
  • 卵黄 (Mサイズ) ・・・1個分
  • めんつゆ (2倍濃縮) ・・・大さじ1

作り方

1.耐熱ボウルにうどんを入れてふんわりとラップをかけ、パッケージの表記通りに加熱し、解凍します。
2.ごま油を入れて混ぜ合わせます。
3.お皿に盛り付け、釜揚げしらす、のり、小ねぎを散します。中央に卵黄をのせ、めんつゆをかけて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ