2022.2.8

「醴」読めますか?身近なのに知らなかった漢字表記!気になる正解は…

「醴」この漢字はなんと読むかわかりますか?ヒントは、寒い時季に飲みたくなる飲み物です!スーパーでも手軽に購入でき、料理にも使えるあの人気ドリンクですよ。

答え合わせをしたら、「醴」のおすすめレシピをご紹介します。ごはんに合うおかずからやさしい味わいのおやつまで集めたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この漢字の読み方は...?

正解は「あまざけ」です!

甘酒のルーツは中国にありますが、日本でも8世紀に書かれた「日本書紀」には応神天皇に「醴酒(こざけ)」を献上したと記されており、これが甘酒ではないかと言われています。室町時代には庶民にも飲まれるようになり、江戸時代には「甘酒売り」という職業もあったようですよ。

製造方法にも種類があり、本来の作り方である米麹を糖化させたものと、酒粕を溶かして砂糖を加えたものがあります。

甘酒には、古くからの歴史があるのですね!

「醴」のおすすめレシピをご紹介!

ここからは、甘酒を使ったおかずとスイーツのレシピをご紹介します。甘酒に漬け込んで焼き上げた鶏肉のオーブン焼きや、豆乳と合わせて作るぜんざいなどをピックアップしました。甘酒の旨味を活かしたメニューばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.甘酒でやわらか 鶏肉のオーブン焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

甘酒に漬け込んでやわらかく焼き上げた、鶏肉のオーブン焼きのご紹介です。ジューシーな鶏もも肉にほのかに甘い甘酒がよく合いますよ。味つけは甘酒としょうゆだけととてもお手軽です。パリッと焼きあがった皮目が香ばしく、思わず手の伸びるおいしさです。簡単に作れるメイン料理として覚えておくと重宝しますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鶏もも肉・・・350g

-----漬け汁-----

  • 甘酒 (酒粕)・・・大さじ4
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • グリーンリーフ・・・1枚
  • ミニトマト・・・2個

作り方

準備.オーブンは250℃に予熱しておきます。
1.鶏もも肉は両面に、フォークで数ヶ所刺します。
2.ジッパー付き保存袋に漬け汁の材料と1を入れ、揉み込んだら30分程冷蔵庫で置きます。
3.天板にクッキングシートを敷き、2をのせたら、230℃のオーブンで30分程焼きます。こんがりと焼き色がつき、中まで火が通ったら取り出します。
4.2cm幅に切ったら、器に盛り、グリーンリーフとミニトマトを添えて完成です。

2.体に優しい 甘酒豆乳ぜんざい

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

まろやかでやさしい甘みのスイーツ、甘酒ぜんざいはいかがでしょうか。ホクホクとしたゆであずきの食感と甘酒の風味が楽しめますよ。とろりと伸びる、香ばしく焼いた餅との相性も抜群です。材料を鍋に入れて温め、焼いたお餅の上に注ぐだけでできあがりますよ。寒い時季にぴったりなので、この冬にぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 餅 (丸餅)・・・2個
  • (A)調製豆乳・・・300ml
  • (A)甘酒・・・100ml
  • (A)ゆであずき (缶)・・・190g

作り方

1.アルミホイルを敷いた天板に丸餅をのせて、オーブントースターで焼き目がつくまで5分ほど焼きます。
2.鍋に(A)を入れて中火で沸騰直前まで加熱します。
3.お碗に1、2を盛り付けて完成です。

人気のカテゴリ