2022.6.13

「桜桃」おうとう以外になんて読む?食べ物漢字クイズ!正解は…

漢字の読み方クイズにチャレンジしてみませんか?「桜桃」という漢字は「おうとう」と読むこともできますが、もうひとつの読み方を当ててみてください!見た目もかわいい、季節限定のあのフルーツですよ!答え合わせのあとには、正解のフルーツを使ったおいしいスイーツレシピもご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

この漢字の読み方は...?

正解は「さくらんぼ」でした!

さくらんぼは「桜桃」のほかに「桜坊」と書かれることもあるんですよ。また、「桜桃」は「ユスラウメ」という植物の別名でもあります。

さくらんぼは、初夏の訪れを感じさせてくれる代表的なフルーツですね。さくらんぼを買うときには、皮にツヤとハリがあるものを選ぶといいですよ。色が鮮やかなことも、おいしいさくらんぼを見分ける大切なポイントです。

さくらんぼは冷蔵に弱いので、買ってきたら冷蔵庫ではなく、風通しのいい涼しい場所に置いておくのがおすすめ。風味が落ちやすいので、なるべく早く食べるといいですよ。食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れて少しだけ冷やすと、おいしくいただけます。

さくらんぼを使ったおいしいスイーツレシピをご紹介!

ここからはさくらんぼを使った、おいしいスイーツのレシピをご紹介します。小さめサイズでかわいい見た目のさくらんぼタルトや、さっぱりとしたさくらんぼミルクプリンなど、季節限定のさくらんぼのおいしさをたっぷり感じられる絶品ぞろい。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.一口サイズのさくらんぼタルト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

一口サイズでかわいい見た目の、さくらんぼタルトはいかがでしょうか?ヨーグルトの入ったさわやかなチーズ風味のフィリングと、さくらんぼの甘酸っぱさがとってもよく合います。市販のタルト台を使えば、火やオーブンを使わずにとっても簡単にお作りいただけますよ。おもてなしにもおすすめなので、ぜひお試しくださいね。

材料(6個分)

  • 市販のプチタルト台 (直径47mm×高さ18mm)・・・6個
  • (A)クリームチーズ・・・60g
  • (A)無糖ヨーグルト・・・大さじ1
  • (A)はちみつ・・・大さじ1
  • さくらんぼ・・・12個
  • チャービル・・・適量

作り方

1.さくらんぼの軸と種を取り除き、半分に切ります。
2.ボウルに(A)を入れてよく混ぜ合わせます。
3.市販のプチタルト台に1、2をのせます。
4.お皿に盛り付けて完成です。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

2.さくらんぼのカップケーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

おしゃれな見た目にわぁっと歓声があがりそうな、さくらんぼのカップケーキをご紹介します。ココア風味のカップケーキはふわふわで、混ぜこんだチョコチップの食感がいいアクセントになっていますよ。甘酸っぱいさくらんぼが、甘いケーキの生地と生クリームによく合います。写真映えもするので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(4個分(直径5cm×高さ2.5cmのマフィン型使用))

-----粉類-----

  • 薄力粉・・・90g
  • ココアパウダー・・・10g
  • ベーキングパウダー・・・3g
  • 無塩バター・・・80g
  • グラニュー糖・・・60g
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・2個分
  • チョコチップ・・・40g

-----トッピング-----

  • 生クリーム・・・100ml
  • グラニュー糖・・・10g
  • さくらんぼ・・・4個

作り方

準備.無塩バターは常温に戻しておきます。オーブンは170℃に予熱しておきます。
1.ボウルに無塩バターとグラニュー糖を入れ白っぽくなるまで泡立て器で混ぜ合わせます。
2.溶き卵を3回に分けて入れその都度よく混ぜ合わせます。
3.粉類を振るい入れ、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせます。チョコチップを加え全体に混ぜ合わせます。
4.グラシン紙を敷いた型に入れ、170℃のオーブンで20分こんがりと焼きます。
5.ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ8分立てに泡立て、丸口金を入れた絞り袋に入れます。
6.4の上に5をしぼり、さくらんぼを飾ったら完成です。

人気のカテゴリ