最終更新日 2024.1.7

【隠し絵クイズ】この絵に隠れた“骨”はどこ?気になる正解は…

【隠し絵クイズ】この絵に隠れた“骨”はどこ?気になる正解は…

気軽にチャレンジ!隠し絵クイズです。この絵の中に隠れた「骨」はどこでしょうか?イラストをよーく見てみると、隠れている骨を見つけることができますよ。

クイズのあとは、ベーコンを使ったおいしいおかずレシピもご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

お皿にのっている食材を隅々までチェック!気になる正解は...?

答えは、「右側のレタスの色の濃い部分」でした!よーく見ると、少し濃い緑色で骨の絵が描かれていることがわかりますね。

カリカリに焼いて目玉焼きに添えたり、パスタやスープの具材に使ったりと、さまざまな料理で活躍するベーコンは、私たちの食卓に欠かせない存在ですよね。

ベーコンは、主に豚のバラ肉で作られる食肉加工品です。豚バラ肉に食塩や発色剤などを加えて塩せきし、そして熟成したあとに燻煙して作られます。

ベーコンとよく似た食肉加工品としてハムがありますが、ハムは主にモモ肉とロース肉を用いて作られます。塩せき、熟成まではベーコンとほぼ変わりませんが、その後の工程が少し違います。ハムは、ケーシングという型に詰めたあとに燻煙し、さらにゆでたり蒸したりする工程を経て作られます。こうしてみると、ハムの方が少しだけ手間ひまがかかっているんですね。

ベーコンを使ったおすすめおかずレシピをご紹介!

ここからは、ベーコンを使ったおすすめおかずレシピをご紹介します。甘ダレ餅ベーコンやじゃがいもとベーコンのバター炒め、まるごとアスパラベーコンなど、バリエーション豊かなレシピを集めました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.癖になる 甘ダレ餅ベーコン

※クリックすると別のページに遷移します

一度食べたらくせになる!甘ダレ餅ベーコンのレシピのご紹介です。食べやすく切った切り餅にベーコンを巻き、こんがりと焼いて甘辛く味つけしたらあっという間に完成です。もちもちのお餅とベーコンの旨味、そして甘辛い味つけが相性抜群で、とてもおいしいですよ。食卓にあともう一品ほしいときはもちろん、小腹が空いたときのおやつやお酒のおつまみにもおすすめです。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 切り餅・・・2個
  • 薄切りハーフベーコン・・・8枚
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)はちみつ・・・小さじ1
  • サラダ油・・・小さじ1/2

添え物

  • フリルレタス・・・適量

作り方

1.切り餅は4等分に切ります。
2.薄切りハーフベーコンに1をのせて巻きます。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れます。両面に焼き目がつくまで焼いたら蓋をして、切り餅がやわらかくなるまで加熱します。
4.蓋を外し、(A)を入れて中火で炒め合わせ、全体に味がなじんだら火から下ろします。
5.器にフリルレタス、4を盛り付けて完成です。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

2.じゃがいもとベーコンのバター炒め

※クリックすると別のページに遷移します

ホクホクのじゃがいもとこんがり焼いたベーコンの相性が抜群!じゃがいもとベーコンのバター炒めのレシピをご紹介します。じゃがいもとベーコンをバターで炒め、味つけをしただけのシンプルな一品ですが、旨味たっぷりでお箸がどんどん進みます。レンジであらかじめ加熱しておくことで炒める時間を短縮することができ、あっという間に完成しますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • じゃがいも・・・2個
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • 厚切りハーフベーコン・・・80g
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ1/4
  • (A)塩・・・少々
  • (A)黒こしょう・・・少々
  • 有塩バター・・・5g

作り方

準備.じゃがいもは皮をむき、芽を取り除いておきます。
1.じゃがいもは5mm幅に切り、水に5分ほどさらして水気を切ります。耐熱ボウルに入れて600Wの電子レンジで2分加熱します。
2.厚切りハーフベーコンは5mm幅に切ります。
3.フライパンを中火で熱し、有塩バター、1を入れて炒めます。
4.じゃがいもがやわらかくなったら2を加えて炒めます。厚切りハーフベーコンに焼き色がついたら(A)を加えて、炒め合わせ、全体に味がなじんだら火から下ろします。
5.お皿に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら加熱時間を調整してください。必要に応じて食材に完全に火が通るまで加熱してください。

3.シンプルなまるごとアスパラベーコン

※クリックすると別のページに遷移します

シンプルですがインパクト抜群!まるごとアスパラベーコンのレシピはいかがでしょうか。アスパラガスを切らずにまるごと薄切りロングベーコンで巻いて、フライパンでこんがりと焼いたら完成です。みずみずしいアスパラガスと、カリカリのベーコンがよく合っていてとてもおいしいですよ。ごはんのおかずにはもちろん、お酒のおつまみにもおすすめの一品です。ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • アスパラガス・・・6本
  • 薄切りロングベーコン (計120g)・・・6枚
  • 薄力粉・・・大さじ2
  • サラダ油・・・小さじ2

作り方

準備.アスパラガスは根元を切り落とし、硬い皮をピーラーで剥いておきます。
1.茶こしに薄力粉を入れ、薄切りロングベーコンの上にまんべんなくふったら、アスパラガスを巻きます。
2.フライパンにサラダ油を入れ中火にし、1の巻き終わりを下にして入れ、3分程焼きます。
3.全体にこんがりと焼き色がつき、アスパラガスに火が通ったら、火を止めます。
4.器に盛りつけたら、完成です。

あと一品ほしいときにベーコンを使ったおいしいおかずをどうぞ!

いかがでしたか?今回は隠し絵クイズと、ベーコンを使って作るおいしいおかずレシピをご紹介しました。ベーコンを使って作るおかずは、旨味とほどよい塩気が効いていて、お箸がどんどん進む一品ばかり!ご紹介したレシピを参考に、ぜひ作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

※こちらの記事は2023.5.29に初公開した内容を再投稿したものです。

人気のカテゴリ