2022.9.13

「もう一品欲しい時にも!」切って和えるだけの“スピード副菜”レシピ5選

火を使わずにあと一品欲しい…!今回は、そんなときに重宝する「スピード副菜」のレシピをご紹介します。生ハムで作る簡単ユッケ風や、食感のよいキャベツと塩昆布の和え物、ほどよい辛味がクセになるトマトキムチ和えなど、バリエーション豊富なレシピをピックアップ!ぜひチェックしてくださいね。

1.ごま油香る キャベツと塩昆布の和え物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

5分でできる!ごま油香る キャベツと塩昆布の和え物をご紹介します。キャベツをざく切りにしたら、あとは残りの材料と一緒に和えるだけ!キャベツを噛むほどに塩昆布の旨味やすりおろしニンニクの風味が口の中に広がり、あと引くおいしさです。身近な調味料で作ることができるので、あと一品ほしいときや料理初心者さんにもおすすめですよ。

材料(2人前)

  • キャベツ (200g)・・・1/4個
  • 塩昆布・・・10g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • 白いりごま・・・適量

作り方

1.キャベツはざく切りにします。
2.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせ、1、塩昆布を加えて和えます。
3.お皿に盛り付け、白いりごまを散らして完成です。

2.5分で簡単 かまぼこときゅうりのごま和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食材2つで作れる、かまぼこときゅうりのごま和えはいかがでしょうか。切ったきゅうりとかまぼこを、めんつゆと白すりごまで和えた一品。風味のよいめんつゆとコクのある白すりごまが食材に絡み、やみつきになるおいしさです。ポリポリとしたきゅうりの食感もよいアクセントになっていますよ。

材料(2人前)

  • きゅうり (100g)・・・1本
  • かまぼこ・・・50g
  • (A)白すりごま・・・大さじ2
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1/2

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.きゅうりは細切りにします。
2.かまぼこは横に半分に切って、5mm幅に切ります。
3.ボウルに1、2、(A)を入れ和えたら器に盛り付けて完成です。

3.さっと一品 トマトキムチ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

10分で作れる、トマトキムチ和えのご紹介です。ピリ辛なキムチが、ほどよい酸味のトマトと香りのよいニラによく合い、たまらないおいしさに。ごま油の香ばしさもプラスされ、ついついお箸が進みますよ。少ない材料でパパッとできるのもうれしいですね。

材料(2人前)

  • トマト・・・1個
  • キムチ・・・100g
  • ニラ・・・15g
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

1.トマトは半分に切り、ヘタを取って一口大に切ります。
2.ニラは2cm幅に切ります。
3.ボウルに1、2、キムチ、ごま油を入れて混ぜ合わせ、器に盛り付けてできあがりです。

4.水菜とトマトの簡単ナムル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

シャキシャキ食感がクセになる、水菜とトマトの簡単ナムルをご紹介します。切った水菜を電子レンジで加熱し、ミニトマトと調味料で和えました。鶏ガラスープの素の旨味や白すりごまのコクが野菜とマッチし、リピート間違いなしのおいしさに。彩りもよいので、食卓がパッと明るく華やぎます。お好みでラー油や七味唐辛子を加えて、ピリ辛にアレンジすることもできますよ。

材料(1人前)

  • 水菜・・・30g
  • ミニトマト・・・5個
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/3
  • (A)白すりごま・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • のり (きざみ)・・・少々

作り方

準備.ミニトマトはヘタを取っておきます。
1.ミニトマトを半分に切ります。
2.水菜の根を切り落とし、残りを一口大に切ります。
3.2を耐熱ボウルに入れ、ラップをして600Wの電子レンジで1分加熱します。
4.粗熱をとったら、1と(A)を加えて混ぜます。
5.お皿に盛り、のりをトッピングしたら完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.生ハムで簡単ユッケ風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

今日の食卓に、生ハムを使った簡単ユッケ風はいかがでしょうか。きゅうりと生ハムは細切りにし、調味料と和えるだけの手軽な一品。コチュジャンの甘辛い味わいとごま油の香ばしさ、生ハムの塩気が相まって、思わず箸が止まらなくなりますよ。卵黄を崩せばまろやかさもプラスできます。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • 生ハム・・・50g
  • きゅうり (50g)・・・1/2本
  • (A)ごま油・・・小さじ2
  • (A)コチュジャン・・・小さじ2
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • 卵黄 (Mサイズ)・・・1個分
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.きゅうりはヘタを切り落としておきます。
1.きゅうりは細切りにします。
2.生ハムは細切りにします。
3.ボウルに1、2、(A)を入れ、全体に味がなじむように和えます。
4.器に盛り付け、卵黄をのせ、白いりごまをかけて出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

スピード副菜を覚えれば、パパッと一品追加できる

いかがでしたか。今回は、切って和えるだけのスピード副菜レシピを5つご紹介しました。手軽に作れる副菜レシピは、毎日の食卓にも役立つので覚えておいて損はなし!あと一品欲しいときやお酒のおつまみにはもちろん、普段料理をしない方にもぴったりですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ