2022.8.3

世界でいちばん“牛肉”を輸入している国はどこ?日本は3位にランクイン!気になる1位は...

さて、問題です!世界でいちばん牛肉を外国から輸入している国はどこでしょうか?日本でも輸入された牛肉がスーパーで並んでいるところを見ますよね。1位の国はどこなのか、想像しながら当ててみてください。

正解発表のあとは、牛肉を使った定番料理である牛丼レシピをご紹介します。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

ランキングの発表!

それではランキングの発表です。このランキングは、FAOの調査を参考に作成しました。年間の牛肉輸入量を比べています。1位の国はどこでしょうか?

​​第5位・・・韓国 288,164 t

第4位・・・香港 320,645 t

第3位・・・日本 598,865 t

第2位・・・アメリカ 946,855 t

気になる第1位は...。

第1位・・・中国 1,821,277 t

1位にランクインしたのは「中国」でした!

その輸入量は、3位の日本と比べておよそ3倍です。多くの牛肉が中国に輸入されていることが分かりますね。

以前は、中国で食べられている肉の多くは豚肉で、牛肉の消費量はわずかでした。ところが、近年は都市部の外食を中心に牛肉の消費が増えて、ついにはアメリカを抜いて牛肉輸入量が1位になりました。今後の輸入量はどのように変化していくのでしょうか。

【出典】Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) - FAOSTAT - Import Quantity, Meat, cattle, boneless (beef & veal)(2022/5)

牛丼のおすすめレシピをご紹介!

ここからは、牛肉をおいしく味わえる牛丼レシピをご紹介します。電子レンジで作れる牛丼や、高菜漬けと明太マヨネーズを組み合わせた牛丼など、簡単に作れるものと味つけにひと工夫を効かせたレシピを集めました。ぜひ一度、お試しくださいね。

1.レンジで簡単 シンプル牛丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

コクと旨みたっぷりの牛丼を電子レンジで簡単に作りましょう!甘辛い出汁が染みこんだ牛バラ肉が、ごはんによく合いますよ。玉ねぎのやさしい甘さが加わって、ついつい箸が止まらなくなるおいしさです。火を使わずに電子レンジで仕上げるので、暑い時期のごはん作りにもぴったり。ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・400g
  • 牛バラ肉 (薄切り)・・・300g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • めんつゆ (2倍濃縮)・・・80ml
  • 砂糖・・・大さじ1/2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.耐熱ボウルに牛バラ肉、1、めんつゆ、砂糖を入れて混ぜ合わせ、ラップをして600Wの電子レンジで7分程加熱します。
3.牛バラ肉に火が通ったら、ごはんを盛り付けた丼にのせ、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ