2022.3.14

フードプロセッサーとは?ミキサーとの違いや代用方法もご紹介

時短料理の強い味方! 「フードプロセッサー」とは

料理の下ごしらえに役立つキッチン家電「フードプロセッサー」。

1台で切る、混ぜる、すりおろすなど、手間や時間がかかる料理の下ごしらえが効率よくこなせますよ。 今回は「フードプロセッサー」の特徴を詳しく解説します。ミキサーとの違いや代用方法、フードプロセッサーを使った時短レシピもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

「フードプロセッサー」とは

フードプロセッサーは、料理の下ごしらえに役立つキッチン家電です。

メーカーによって仕様は異なりますが、食材を切る、混ぜる、すりおろすなど、さまざまな機能を搭載しています。

肉や魚をミンチにする、野菜を切る、大根や長芋をすりおろす、ナッツを砕く、クッキーやケーキの生地を混ぜ合わせるといった手間のかかる作業が効率よくこなせますよ。

切ったり、砕いたりする場合には、撹拌時間を加減することで、仕上がりの大きさを細かく調節できるのもうれしいですよね。

「フードプロセッサー」と「ミキサー」って違うの?

「ミキサー」とは、野菜や果物などを細かくカットしながらかき混ぜて、液体に仕上げるキッチン家電のことを指し、海外では「ブレンダー」とも呼ばれています。

底面のカッターを高速回転させ、食材を細かく刻むところまではフードプロセッサーと同じですが、ミキサーの方がさらに細かく、なめらかに仕上がるため、ジュースやスムージー、スープ、ソース作りに向いています。

料理の下ごしらえに使うならフードプロセッサー、ジュースやスムージーを作るならミキサーなどと、用途によって使い分けましょう!

人気のカテゴリ