2022.2.25

包丁いらず!帰りが遅くなったときにも助かる"どんぶり"レシピ3選

帰りが遅くなった日は、時間をかけずにパパッと作れるレシピがあると助かりますよね。今回は、そんなときに大活躍する包丁いらずのどんぶりレシピをご紹介します。さっぱりと食べられる牛丼や、サーモンと納豆を合わせたやみつきどんぶりなど、食べ応え抜群のレシピをピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.もやしでかさまし さっぱり牛丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

もやしのシャキシャキ食感がたまらない、さっぱり牛丼をご紹介します。ポン酢ベースの味つけに牛肉の旨みが合わさり、さっぱりとしていながら味わい深い一品です。すりおろし生姜の風味もよいアクセントになっていますよ。リーズナブルなもやしを使うので、お財布にやさしいのもうれしいポイント。牛肉はお好みの部位でお作りいただけるので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 牛こま切れ肉・・・100g
  • もやし・・・100g
  • 水・・・50ml
  • (A)ポン酢・・・大さじ2
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.フライパンに(A)、水を入れ中火で熱します。ひと煮立ちしたら、もやし、牛こま切れ肉入れます。
2.蓋をして弱火で5分程煮込みます。牛こま切れ肉に火が通り、全体に味がなじんだら火から下ろします。
3.器にごはんをよそい、2をのせます。小ねぎを散らして完成です。

2.包丁いらずのズボラ飯 サバキムチ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごはんがモリモリ食べられる!やみつき必至のサバキムチ丼はいかがでしょうか。作り方は、ほぐしたサバにキムチと調味料を混ぜるだけととっても簡単。サバの旨みにキムチの風味と辛味がよく合い、後をひくおいしさです。味つけはめんつゆとごま油のみなので、簡単に味が決まりますよ。ぜひこの機会に作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・150g
  • サバの水煮缶 (正味量)・・・100g
  • キムチ・・・50g
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・小さじ1/2

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.ボウルにサバの水煮缶を入れ、ほぐします。
2.キムチ、(A)を入れ、全体に味がなじむまで混ぜ合わせます。
3.器にごはんをよそい、2をのせ、小ねぎを散らして完成です。

3.包丁いらずで簡単 サーモンとねばねば納豆丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

こってりとした味のどんぶりが食べたいときは、このどんぶりがおすすめです!サーモンをコチュジャンやマヨネーズ、ごま油で和え、ごはんの進む味わいに仕上げました。納豆との相性も抜群でクセになる味わいです。大葉のさわやかな風味がアクセントになり、最後まで飽きることなく食べられますよ。ぜひ試してみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • サーモン (刺身用・スライス)・・・80g
  • 納豆・・・1パック
  • 付属のタレ (納豆)・・・1袋
  • (A)コチュジャン・・・小さじ1
  • (A)マヨネーズ・・・小さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • 大葉・・・2枚

-----トッピング-----

  • のり (刻み)・・・適量

作り方

準備.大葉は軸を切り取っておきます。
1.ボウルに納豆、付属のタレを入れて混ぜ合わせます。
2.別のボウルにサーモン、(A)を入れて混ぜ合わせます。
3.丼にごはんをよそい、大葉をのせ、1、2を盛り付け、のりをのせて完成です。

忙しかった日は、「脱力どんぶり」レシピに決まり!

いかがでしたか。今回は、包丁いらずで手軽に作れるどんぶりレシピをご紹介しました。料理を簡単に済ませたいときには、缶詰やお刺身など加熱せずに食べられる食材が活躍します。ポン酢やめんつゆ、マヨネーズなどの調味料を使えば、味つけもとってもお手軽ですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

人気のカテゴリ