2021.10.3

「平日の忙しい朝に助かる!」たった5分で“ぱぱっと朝ごはん”レシピ5選

一日を充実させるためにも、朝ごはんはしっかり食べたいですよね。しかし、朝は身支度や家事などやることが多く、朝ごはんを作る時間がないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、忙しい朝におすすめの朝ごはんレシピをご紹介します。さらさら食べられる納豆茶漬けや、電子レンジで作れる韓国風茶碗蒸しなど、5分あれば作れる簡単レシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.簡単 カニカマたまご

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

包丁いらずで簡単!カニカマたまごはいかがでしょうか。とろとろの卵がしょうゆと砂糖によく合うシンプルな味つけですが、カニカマの旨味でとても味わい深い一品ですよ。ごはんにもよく合います。カニカマは手で割くので包丁は使わず、卵は強火でさっと加熱することでふんわり仕上がるので短時間でお作りいただけます。時間がない朝でも、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 卵 (Mサイズ)・・・4個
  • カニカマ・・・6本
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ2
  • サラダ油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.カニカマは手でほぐします。
2.ボウルに卵、(A)を入れ溶きほぐします。1を入れ混ぜ合わせます。
3.強火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を流し入れます。大きく混ぜながら卵が半熟状になったら火から下ろします。
4.お皿に盛り付け小ねぎをのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.梅干しでさっぱり 納豆茶漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりといただける、納豆と梅干しのお茶漬けをご紹介します。ねばねばした食感の納豆とお茶漬けは意外に相性がよく、さらっと食べられます。梅干しの酸味が効いたさっぱりした味わいなので、食欲のない朝にもおすすめですよ!緑茶がない場合は熱湯でも代用していただけます。納豆や梅干しはご家庭にあるものやお好きなもので、またお好きなトッピングを追加してアレンジすることも可能です。ぜひお試しください。

材料(1人前)

  • ごはん・・・150g
  • 納豆・・・1パック
  • 付属のタレ (納豆)・・・1袋
  • 緑茶 (温かいもの)・・・200ml
  • のり (刻み)・・・適量
  • 梅干し (種抜き)・・・1個

作り方

1.ボウルに納豆、付属のタレを入れて混ぜ合わせます。
2.ごはんをよそった器にのりをのせ、緑茶をかけ、1、梅干しを盛り付けて完成です。

3.簡単レンチン朝ごはん 韓国風ふわふわタマゴ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジでお作りいただける、韓国風ふわふわタマゴを作ってみましょう。「ケランチム」という韓国風の茶碗蒸しをお手軽レシピにアレンジしたもので、和風だしではなく鶏ガラスープの素を使っています。卵のやさしい味わいの中に鶏ガラスープの旨味が感じられ、とてもおいしいですよ。ごはんにのせていただくのもおすすめです。

材料(2人前)

  • 卵・・・2個
  • カニカマ・・・2本
  • 小ねぎ・・・10g
  • 水・・・200ml
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・小さじ1/2

作り方

1.カニカマは手で細かくほぐします。小ねぎは根元を切り落とし小口切りにします。
2.耐熱の器に卵を割り入れ、よく溶きほぐします。
3.水、(A)を入れてよく混ぜ合わせ、1を入れて混ぜます。
4.ラップをふんわりとして600Wの電子レンジで3分加熱し、取り出して軽く混ぜます。
5.ごま油を回し入れ、再びラップをふんわりとして600Wの電子レンジで2分程加熱し、卵が固まったら完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ