2022.6.29

朝ごはんの脱マンネリ!毎日食べても飽きない“アレンジトースト”レシピ5選

朝食の定番である、トースト。しかし、いつも同じ味に飽きてしまった…という方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、劇的味変が楽しめる「アレンジトースト」のレシピをご紹介します。贅沢なチーズケーキトーストや、コクたっぷりなツナみそトーストなど、さまざまなレシピをピックアップ!

1.意外な組み合わせ たくあんとクリチの和風トースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

いつもと気分を変えて、和風トーストはいかがでしょうか。みじん切りにしたたくあんとクリームチーズ、白みそなどを混ぜて食パンに塗り、トースターで焼き上げました。濃厚なクリームチーズとコクのある白みそ、風味のよいかつお節がマッチして、やみつきになるおいしさに!たくあんのシャキシャキとした食感もよく、満足感もたっぷりです。

材料(1人前)

  • 食パン (6枚切)・・・1枚
  • たくあん・・・30g
  • (A)クリームチーズ・・・40g
  • (A)かつお節・・・2g
  • (A)白みそ・・・小さじ1/2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1/2
  • ピザ用チーズ・・・20g
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.たくあんは粗みじん切りにします。
2.ボウルに1、(A)を入れ混ぜ合わせます。
3.食パンに2を塗り、ピザ用チーズをのせます。アルミホイルを敷いた天板にのせ、オーブントースターで焼き色が付くまで7分程焼きます。
4.小ねぎを散らして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W250℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

2.甘〜い朝食 あんバターきなこトースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

口いっぱいに幸せ広がる、あんバターきなこトーストのご紹介です。コクのあるバターと甘~いあんこときな粉などをトッピングした一品。おいしさの秘密は、食パンに塗ったピーナッツバターです!ピーナッツバターを塗ってからトーストすることで、深みのある味わいに。アーモンドの香ばしさも相まって、たまりませんよ。

材料(1人前)

  • 食パン (8枚切り)・・・2枚
  • ピーナッツバター・・・大さじ1

-----トッピング-----

  • こしあん・・・50g
  • きな粉・・・大さじ1
  • アーモンド (無塩・ロースト)・・・5g
  • 有塩バター・・・10g

作り方

準備.アーモンドは砕いておきます。
1.食パン2枚の片面にピーナッツバターを塗り、挟みます。
2.オーブントースターで4分〜5分ほど焼きます。
3.表面にこしあんを広げ、残りのトッピングをのせ、お皿に盛り付けて完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

3.簡単!食パンで作るガーリックトースト

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

使う材料はたったの4つ!食パンで作るガーリックトーストのご紹介です。半分に切った食パンにバターとすりおろしニンニクを塗ったら、あとはトースターにおまかせ!仕上げにパセリをトッピングすれば、ニンニクの風味がたまらない一品に。バターのコクとほどよい塩味がきいています。朝食にはもちろん、小腹が空いたときやおつまみとしてもぴったりです。

材料(2人前)

  • 食パン (6枚切り)・・・2枚
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1
  • 有塩バター・・・20g
  • パセリ (乾燥)・・・適量

作り方

1.食パンを半分に切ります。
2.1に有塩バター、すりおろしニンニクを順に塗ります。
3.アルミホイルを敷いた天板にのせて、オーブントースターで5分程焼き色が付くまで焼きます。
4.器に盛り付け、パセリを散らして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W220℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

※アルミホイルが熱源に直接触れると溶けてしまう恐れがあります。熱源に触れないようご注意ください。

人気のカテゴリ