2022.7.7

【裏技】お湯に入れたらほったらかしでOK!?超簡単なゆで卵の作り方を試してみた

ゆで卵を作るとき、コンロが1つ塞がってしまってごはん作りが滞った、という経験はありませんか?そこで今回は、卵をお湯に入れたらほったらかしておくだけでゆで卵ができるという超お手軽な作り方をご紹介します!記事の最後にはゆで卵を使ったおすすめレシピもご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

さっそく検証スタート!

必要な材料は、鍋のふたの4つ!普通のゆで卵と使う道具はほとんど同じですが、鍋のふたを使うのが少し違うポイントですね。また、卵はLサイズのものを使用しました。

それではさっそく手順を見ていきましょう!

鍋に卵がかぶるくらいの水を入れて火にかけ、沸騰したら卵をやさしく入れます。

卵を入れたら、すぐに鍋に蓋をして火を止めます。

ここまでできたらあとはこのまま置いておくだけ!蓋をしたまま1時間以上放置します。お湯が冷めるまで放置しても大丈夫なので、時間を気にしなくていいのは楽ですよね。

約1時間半後、お湯は触れるけれどお風呂より熱いくらいの温度になっていました。卵を取り出して殻をむいていきます。今回は鍋から取り出してそのまま殻をむきましたが、卵がまだ熱い場合などは一度冷水に入れてから殻をむいてみてくださいね。

気になる中身は…?

しっかりと固ゆでの卵ができあがっていました!

この方法では半熟卵を作るのは難しいですが、卵サラダやタルタルソース、サンドイッチなどに使う固ゆで卵を作るときには重宝しそうですね。

※卵や鍋の大きさ、室内の温度などによって結果が異なる場合があります。

ほったらかしでもゆで卵はできる!

実際に試してみると、思っていたよりも簡単にきれいなゆで卵を作ることができました!この方法なら長い時間コンロを塞いでしまうことがなく、火を使う時間を最小限におさえられるので夏場の調理にもうれしいですね。まだ試したことがない方は、ぜひこの機会にやってみてくださいね。

おすすめレシピをご紹介!

ゆで卵の作り方とあわせて、ゆで卵を使ったおすすめレシピもチェックしてみましょう!今回は「ゆで卵の肉巻き煮込み」をご紹介します。豚バラ肉でゆで卵を包んで煮込んだ、味もお腹も大満足の一品です。ぜひチェックしてみてくださいね。

ゆで卵の肉巻き煮込み

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ボリューミーで食べ応え抜群の、ゆで卵の肉巻き煮込みはいかがでしょうか。しょうゆやはちみつ、顆粒和風だしなどを合わせたタレで具材をじっくりと煮込み、しっかりと味を染み込ませました。ジューシーな豚バラ肉に包まれたゆで卵がおいしく、ごはんとも相性バッチリ。やわらかくなった大根にもタレや豚肉の旨みがよく染みていて、ほっとするおいしさです。おつまみにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・200g
  • ゆで卵・・・4個
  • 大根・・・200g
  • 長ねぎ・・・5cm
  • (A)水・・・400ml
  • (A)料理酒・・・30ml
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • (B)しょうゆ・・・大さじ3
  • (B)はちみつ・・・大さじ2
  • (B)みりん・・・大さじ2
  • サラダ油・・・大さじ1

作り方

準備.大根は皮をむいておきます。
1.長ねぎは繊維に沿って千切りにし、白髪ねぎを作ります。
2.大根は2cm幅のいちょう切りにします。
3.ゆで卵に豚バラ肉を巻きます。
4.鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、3の表面を焼いたら取り出します。キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。
5.同じ鍋に2、(A)を入れて落し蓋をし、中火で30分程煮込みます。
6.3、(B)を加えて落し蓋をし、さらに中火で30分程煮込みます。
7.豚バラ肉に味がよく染みこんだら火から下ろします。お皿に盛り付け、1をトッピングして完成です。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

ゆで卵作りがもっとお手軽に!

いかがでしたか?今回はゆで卵の簡単な作り方と、おすすめレシピをご紹介しました。ゆで卵作りはちょっと面倒だと感じていた方も、この方法なら気軽にトライできるのではないでしょうか?おすすめレシピも参考にしていただき、ぜひゆで卵を使った料理を作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ