2022.6.27

豚肉をいちばん輸入している国はどこ?日本も第2位にランクイン!気になる第1位は...

精肉コーナーには、日本だけでなくさまざまな国で生産された豚肉が並んでいますよね。日本以外にも豚肉を輸入に頼っている国はたくさんありますが、豚肉を最も多く輸入している国はどこか、知っていますか?

今回は、豚肉の輸入量ランキングと、ガッツリ豚肉おかずのレシピをご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

ランキングの発表!

さっそく発表です!このランキングは、FAOの調査を参考に作成しました。年間の豚肉輸入量を比べています。1位の国はどこか、予想してみてくださいね。

第5位・・・アメリカ 260,320 t

第4位・・・メキシコ 325,316 t

第3位・・・韓国 417,766 t

第2位・・・日本 889,309 t

気になる第1位は...。

第1位・・・中国 1,056,640 t

豚肉の輸入量は、中国が第1位でした!上位にランクインしている国を見ると、アジア圏の国が多いですね。

中国で豚は「猪」と表記しますが、「肉」と書いても豚肉を指すほど、豚肉を頻繁に食べるんだとか。酢豚や麻婆豆腐など、私たちの食卓に馴染みのある中華料理にも、豚肉が使われていることが多いですよね。

また日本の干支で、「亥」といえば猪を思い浮かべますが、中国の干支では豚を意味します。豚は古来より食用として大切にされてきた背景があり、富や子孫の繁栄を象徴する縁起のいい動物とされてるようですね。

【出典】Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) - FAOSTAT - Import Quantity, Meat, pork(2022/4)

豚肉を使ったおすすめのガッツリレシピをご紹介!

豚肉の輸入量ランキングを見ていると、豚肉を使ったガッツリ系の料理が食べたくなってきませんか?ここからは、豚肉を使ったおすすめレシピをご紹介します。ガーリックソースの ポークステーキや、玉ねぎと豚こま切れ肉で作る生姜焼きなど、食べ応えのあるレシピをピックアップしました。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

1.ガーリックソースの ポークステーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

がっつり食べたい日に作りたい!ガーリックソースのポークステーキをご紹介します。ニンニクの効いた和風ソースが豚肩ロース肉にマッチして、どんどん食べ進めてしまうおいしさです。豚肩ロース肉の代わりに、豚ロース肉やほかの部位をお使いいただいても、おいしく召し上がれますよ。ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • 豚肩ロース (1枚)・・・200g
  • 塩こしょう・・・ふたつまみ

-----ソース-----

  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 料理酒・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ2
  • サラダ油・・・小さじ2
  • ベビーリーフ・・・20g

作り方

1.玉ねぎはすりおろします。
2.豚肩ロースは筋切りし、塩こしょうをふります。
3.ボウルに1、残りのソースの材料を入れ混ぜ合わせます。
4.中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、2を入れ焼き色がつくまで3分程焼きます。裏返して蓋をし、豚肩ロースに火が通るまで5分程焼き、取り出します。
5.3を入れ1分程、玉ねぎに火が通るまで弱火で加熱し火から下ろします。
6.ベビーリーフをのせたお皿に4を盛り付け、5をかけて完成です。

人気のカテゴリ