2022.6.30

料理研究家が考案!忙しい日のランチに最適な“スピード丼もの”レシピ3選

忙しい日のランチは、パパッと作れるメニューが活躍しますよね。今回は、料理研究家が考案した、忙しいランチタイムにもささっと作れて満足感のある「スピード丼もの」レシピをご紹介します。どこか懐かしい味わいのきつね丼やがっつりお肉を堪能する豚たま丼、タン塩風豚丼をピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.きつね丼

シンプルな材料で簡単にお作りいただける、きつね丼のご紹介です。油揚げに煮汁がしっかり染み込んでいて、噛んだ瞬間ジュワっとあふれ出る汁でごはんが進みますよ。和風のやさしい味わいで思わずほっとするような一品です。おうちにある余っている野菜を追加してアレンジするのもおすすめですよ。

材料(2人前)

  • ごはん・・・適量
  • 油揚げ・・・1枚
  • 長ねぎ・・・1本
  • 卵・・・2個
  • (A)酒・・・大さじ2
  • (A)みりん・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)水・・・50ml

作り方

準備.ごはんを炊いておきます。
1.油揚げは縦に半分に切り、2cm幅に切ります。
2.長ねぎは斜め切りにします。
3.ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐしておきます。
4.フライパンに(A)を入れ、中火で加熱します。
5.煮立ったら油揚げと長ねぎを入れ、弱火で1〜2分煮ます。油揚げが煮汁に浸っていないようなら途中で上下を返します。
6.卵を中心から回し入れ、ふたをして弱火で30秒〜1分加熱します。 卵に半分火が通ったら火からおろします。

7.器にごはんを盛り付け、6をのせて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.タン塩風豚丼

食べごたえ満点!タン塩風豚丼を作ってみましょう。シャキシャキした長ねぎと、食欲そそるニンニクや中華だしペーストの風味がお肉の脂ととてもよくマッチして、ごはんが止まらないおいしさです。仕上げにレモンを絡めることで、がつんとした中にもさわやかさが感じられる一品ですよ。豚ロースはお好みで豚バラ肉や豚こま切れ肉にアレンジしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・適量
  • 豚ロース薄切り肉・・・170g
  • (A)長ねぎ・・・1/2本
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)中華だしペースト・・・小さじ1
  • (A)酒・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/3
  • レモン汁・・・小さじ2
  • 黒こしょう・・・適量
  • サラダ油・・・小さじ1

作り方

1.豚ロース薄切り肉は食べやすい大きさに切ります。
2.長ねぎはみじん切りにします。
3.ボウルに2と(A)を入れて、さっと混ぜ合わせます。
4.フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚肉を入れて塩少々(分量外)、黒こしょう少々(分量外)をして全体に焼き色をつけます。
5.3を加えてさっと炒め、最後にレモン汁を加えて絡めます。
6.器にごはんを入れ、豚肉を盛り、お好みで黒こしょうをふって完成です。

3.豚たま丼

甘辛い味がやみつきになる、豚たま丼をご紹介します。お肉や薄切り玉ねぎに煮汁が染みわたった、思わずごはんが進む一品です。丼の上にのせた卵黄がお肉にとろっと絡み、全体の味わいをまろやかにしてくれます。トッピングのねぎがシャキッとした食感でアクセントになり、最後までパクパク食べられますよ。味が濃くなるので、煮込みすぎには注意してくださいね。

材料(1人前)

  • 豚バラ肉・・・100g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • ごはん・・・1.5膳
  • (A)酒・・・大さじ2.5
  • (A)みりん・・・大さじ2.5
  • (A)しょうゆ・・・大さじ2.5
  • (A)水・・・大さじ3
  • (A)きび砂糖・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ2
  • 青ねぎ・・・適量
  • 卵黄・・・1個分

作り方

1.玉ねぎは少し薄めのくし切りにします。
2.豚バラ肉は3〜4cm幅に切ります。
3.フライパンに(A)の調味料を入れて中火にかけ、お酒を飛ばすように時々混ぜながらひと煮立ちさせます。煮立ったら玉ねぎを入れて、しんなりしてきたら、豚肉を加えます。
4.弱火よりの中火にして、豚肉に火が通るまで煮ます。豚肉の色が変わったら火を消します。
5.器にごはんを盛り、その上に4をタレごとかけます。
6.青ねぎ、卵黄をのせて、完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

ささっと作ってランチタイムを楽しんで!

いかがでしたか。今回は、料理研究家が考案した、ランチにぴったりのスピード丼ものレシピのご紹介でした。ゆっくり料理をする時間がないときでも、今回ご紹介したレシピならパパッと作れて一品で満足感が得られますよ。気になるレシピがあった方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

人気のカテゴリ