2021.11.4

オムライス、ハンバーグ、ナポリタン...この中で“外国発祥のもの”はどれ?

オムライス、ハンバーグ、ナポリタン...どれも人気のメニューですよね。実は、この中で海外発祥のものはひとつだけなんです。一体どれなのか、わかりますか?

答え合わせの後には、それぞれの基本的なレシピもご紹介します。ひとつレシピを覚えておけばいつでも人気メニューが作れて便利なので、ぜひ最後まで見てみてくださいね。

海外発祥のメニュー

正解は「ハンバーグ」です!当たっていましたか?どこの国が発祥なのかは諸説ありますが、ドイツで作られたという説が一般的です。

オムライスとナポリタンは、海外発祥のメニューに見えますが実は日本オリジナルのものなんです。たしかに、海外でオムライスやナポリタンを見る機会は少ないですよね。今でも大人気メニューのオムライスやナポリタンが食べられるのは、食材や情報が限られていた時代のアイデアのたまもの!日本特有の洋食文化なんですよ。

基本のレシピをご紹介!

それぞれのメニューの発祥がわかったところで、次は基本のレシピをご紹介します。子どもから大人まで大人気のレシピをピックアップしたので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

1.バターライスでコク旨オムライス

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

バターライスを卵で包んだ、どこか懐かしい味わいのオムライスをご紹介します。香りが口いっぱいに広がるバターライスは、何度食べても飽きのこない味わいです。一見包むのが難しそうな薄焼き卵ですが、片栗粉を入れることで破れにくく、きれいに仕上げることができますよ。初めてのオムライス作りにもおすすめなので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・300g
  • 鶏もも肉・・・160g
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • 塩・・・小さじ1/4
  • 白こしょう・・・ひとつまみ
  • 有塩バター・・・20g

-----薄焼き卵-----

  • 卵 (Mサイズ)・・・4個
  • 牛乳・・・大さじ2
  • 片栗粉・・・小さじ2
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 白こしょう・・・ひとつまみ
  • サラダ油・・・小さじ4
  • ケチャップ・・・大さじ2

作り方

1.玉ねぎはみじん切りにします。鶏もも肉は一口大に切ります。
2.2つのボウルに卵を2個ずつ入れて溶きほぐし、残りの薄焼き卵の材料を半量ずつ加えてよく混ぜ合わせます。
3.中火で熱したフライパンにサラダ油を半量入れ、キッチンペーパーで全体に伸ばし、2を流し入れてフライパン全体に卵液を広げます。卵の表面が固まったら火から下ろしてラップにのせます。同様にもう1枚焼きます。
4.別のフライパンに有塩バターを入れて溶かし、1の玉ねぎを入れて中火で炒めます。しんなりしてきたら1の鶏もも肉を加えて炒めます。鶏もも肉に火が通ったらごはんを加えてさらに炒め、ごはんがほぐれたら塩、白こしょうで味を調え、火から下ろします。
5.3の上に半量の4をのせ、卵で包みます。同様にもう1つ作ります。
6.器に盛り付け、ケチャップをかけて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ