膨潤剤を使用していない高野豆腐の戻し方 レシピ・作り方

「膨潤剤を使用していない高野豆腐の戻し方」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

高野豆腐の戻し方のご紹介です。高野豆腐は最近では「水戻し不要」のものも多いですが、重曹などの膨潤剤を使用していないものは、しっかりと戻してから使う必要があります。温度計がなく温度が計れない!そんな時でも、沸騰させた熱湯と水を半量ずつ混ぜるだけで簡単に適温にできます。戻した高野豆腐は含め煮や卵とじにすると美味しいですよ。この機会にぜひ実践してみてくださいね。

調理時間:20分

費用目安:100円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(4枚分)

作り方

  1. 1. バットに沸騰したお湯に同量の水を合わせ、50~60℃のお湯を作ります。
  2. 2. 高野豆腐を入れて浸します。
  3. 3. 20分程度浸し、手で水気を絞ります。
  4. 4. ボウルに戻した高野豆腐と水を入れ、水の中で押し洗いをします。水気を絞ります。

料理のコツ・ポイント

今回は重曹などの膨潤剤を使用していない、水で戻す必要があるタイプの高野豆腐を使用しております。 製法によってはアンモニア臭がすることがあるので、戻した後はしっかりと水洗いしてください。 水戻し必要な高野豆腐の中でも商品によって特性が異なりますので、パッケージの記載をしっかりとお読みください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

人気のカテゴリ