【野永シェフ】角煮 レシピ・作り方

「【野永シェフ】角煮」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

“料理の鉄人JAPAN CUP“で総合優勝も経験した「日本橋ゆかり」三代目・野永喜三夫料理長に教えていただいたレシピを、クラシルで再現!今回は、角煮のご紹介です。少ない調味料で煮こんでいくので、圧力鍋がなくてもお作りいただけますよ。ぜひ作ってみてくださいね。 こちらのレシピでは、シェフに教えていただいたレシピを、ご家庭で作りやすい手順や材料で再現しております。 シェフが調理しているレシピ動画では、より詳しくご覧いただくことができますので、さらに本格的な味わいに仕上げることができますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。 https://www.kurashiru.com/recipes/5795571b-b090-496d-bccf-b54239359125 ▼クラシル公式SNSはこちら ・クラシルYouTube https://www.youtube.com/watch?v=-F5mpkb5wrc ・クラシルTikTok https://www.tiktok.com/@kurashiru.com ・クラシルInstagram https://www.instagram.com/kurashiru/ ・クラシルX https://twitter.com/kurashiru0119

調理時間:120分

費用目安:700円前後

材料(4人前)

作り方

  1. 1. フライパンに豚バラ肉の皮目を下にして入れ、中火にかけます。焼き色が付いてきたら弱火にし、全面に焼き色を付けるように15分程焼き、火から下ろします。
  2. 2. ごぼうは皮付きのまま乱切りにします。
  3. 3. 1の粗熱が取れたら1.5cm幅に切ります。
  4. 4. 余分な脂を取り除いた1のフライパンに(A)、水を入れて混ぜ、赤みそが溶けたら3、ゆで卵、2を入れます。
  5. 5. クッキングペーパーの中心に穴を開けてのせ、角を折りこみ、しっかりと水分を含ませて落とし蓋をします。中火にかけ、沸騰したら50分程加熱します。
  6. 6. 水分が1/3程になったらクッキングペーパーを絞って取り除き、煮汁をかけながら中火で10分程煮詰めます。お好みの濃度になったら火から下ろします。
  7. 7. 器に盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

クッキングペーパーは直火に触れると燃えるため、落とし蓋として使用する際はクッキングペーパー全体を水分でしっかりと濡らし、フライパンや鍋の縁からはみ出さないようにしてください。 落とし蓋として使用するクッキングペーパーは、厚手の不織布タイプのものを使用してください。 今回は3倍濃縮タイプのめんつゆを使用しました。2倍濃縮のタイプをめんつゆで代用する場合は150ml、水は1350mlを目安に代用してください。 煮詰める時間はお好みで調整してください。

たべれぽ
4.7

68件のレビュー

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ