料理動画(レシピ動画)で
レシピを分かりやすくご紹介!

重曹で!タケノコの下処理とあく抜き

「重曹で!タケノコの下処理とあく抜き」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

タケノコ掘りに行ったり、タケノコをいただいた時、あく抜きの方法がわからない!そんな時に見ていただきたいです。 糠や米のとぎ汁でもあく抜きを行う事は出来ますが、最近では手に入りやすい重曹を使ったあく抜きの方法です。
|
調理時間 60分

材料・作り方

【材料】 1個分
タケノコ   900g
水      2000ml
重曹     小さじ2
鷹の爪    1本

【手順】
タケノコの泥を綺麗に洗い流しておきます。
1. タケノコの外側の硬い皮を数枚剥きます。
2. 根元のブツブツしている硬い部分を切ります。
3. 穂先を斜めに切り落とします。
4. 上の部分から縦に、皮部分に切り込みを入れ鍋に入れます。
5. 4へ水、重曹、鷹の爪を入れ、中火にかけ竹串を刺し、30分以上茹でます。
串が通る程度まで茹でたら火を止め、そのまま半日程度自然に冷まします。
6. さっと水洗いし、皮をむきます。

料理のコツ・ポイント

・タケノコの皮にも灰汁を抜く成分が含まれていますので、全て剥いてしまわず、皮のまま茹でます。
・鷹の爪を入れるのは、タケノコの味にしまりを出し日持ちを良くする効果もあります。
・穂先を斜めに切り落とすのは、断面が広くなり火の通りを良くする為です。
・縦に切り込みを入れる際には、タケノコを切ってしまわない深さまで切り込みを入れます。
・重曹は、水1000mlに対し小さじ1の割合で入れて下さい。
・冷えてからの保存方法は、密閉容器等にたっぷりの水を入れ冷蔵庫保管して下さい。水は毎日交換すると、5日程度保管できます。

たべれぽ

コンテンツがありません。

コメント

コンテンツがありません。