えのきと豆腐の赤だし レシピ・作り方

「えのきと豆腐の赤だし」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

赤みそで作るえのきと豆腐のお味噌汁です。 隠し味でみりんを入れる事でほんのり甘さとコクが出て、お店のような味わいになります。 三つ葉の風味もとても合います。 だしの取り方と基本の作り方を覚えれば色々な具材でお試しいただけます。
調理時間:50分 (昆布を水に浸す時間30分を含みます。)
費用目安:300円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(2人前)

  • えのき1/4株
  • 絹ごし豆腐150g
  • だし
  • 400ml
  • 昆布 (5×10cm)1枚
  • かつお節15g
  • 赤みそ大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 三つ葉 (仕上げ用)1本

作り方

  1. 準備.
    昆布は濡らしたペーパーで軽く汚れを拭き取っておきます。
  2. 1.
    だしがでやすくなるように昆布に切込みを入れたら、鍋に水と一緒に入れ30分おきます。
  3. 2.
    三つ葉は2cm幅に切ります。
  4. 3.
    えのきは石づきを切り落とし半分の長さに切り、ほぐします。絹ごし豆腐は1cmの角切りにします。
  5. 4.
    1を中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出しかつお節を入れます。沸騰後2分アクを取りながら加熱し、から火を止めます。ザルにキッチンペーパーを引いて濾し、だし汁を作ります。
  6. 5.
    4を鍋に戻し、中火にかけ沸騰したら3とみりんを入れ約2分加熱します。
  7. 6.
    弱火にして赤みそを溶き入れます。
  8. 7.
    器に盛り、2を散らして完成です。

料理のコツ・ポイント

赤みそに合うように少し濃いめにだしを取ります。市販のだしパックなどで代用出来ます。塩分入りのだしの場合、少し濃くなる事があるので赤みその量を調整してみてください。
手順4で、絞ってしまうと苦味や雑味が出てしまうため、絞らないようにしてください。
手順5でしっかりアルコールを飛ばしてください。
赤みそは沸騰させると風味が飛んでしまうので、入れたら沸騰させないようにしてください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

コメント

弥
すみません、絹ごしは一丁丸々使ってるんでしょうか?
6ヶ月前
kurashiru
kurashiru
商品によって1丁の重さは変わりますが、こちらレシピで使用した絹ごし豆腐は150gで市販されている豆腐の半分を使っております。ぜひお試しください。美味しくできますように。
6ヶ月前

人気のカテゴリ

Video preload backgroundさっぱり 白菜とちくわの和え物
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background大根おろしとなめたけのさっぱりおろしあえ
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもとピーマンのトマト炒め煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundシャキシャキ美味しい 春キャベツのタラコ和え
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundピーマンと厚揚げの豚キムチ炒め
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background大根と鶏肉の照り煮
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください