イワシの手開き レシピ・作り方

「イワシの手開き」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

イワシの手開きのご紹介です。手開きとは、イワシのような身が柔らかく、小骨の多い魚に用いる開き方をいいます。手開きしたイワシは天ぷらやフライによく用いられ、料理のレパートリーが広がること間違いありません。コツを掴んで、ぜひマスターしてみてくださいね。

調理時間:10分

費用目安:100円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2人前)

  • イワシ 1尾
  • 塩水 適量

作り方

  1. 準備. イワシのうろこがついている場合は、取り除いておきます。 1000mlの水に塩30g入れ、海水程度の塩水を作っておきます。
  2. 1. イワシの胸ビレから包丁を入れ、頭を切り落とします。
  3. 2. 腹骨と周りの硬い部分を直線に切り落とします。
  4. 3. 包丁の刃先で内臓をかき出し、塩水の入ったボウルの中で腹の中の汚れを洗い落とします。キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
  5. 4. イワシの腹の中に両親指を差し込み、中骨の上を滑らせるようにして、左右に動かします。
  6. 5. 尾に付いている中骨を手で折り、外します。そのまま中骨を持って、頭側に向けてゆっくり引っ張り、取り除きます。
  7. 6. 両端についている骨を削ぎ落とします。

料理のコツ・ポイント

今回は頭を包丁で切り落としましたが、小さいイワシの場合は頭を手で取り除くことができます。 イワシの腹を塩水で洗い流した後は、必ず水気を拭き取ってください。調理した際に水っぽくなったり、イワシの傷みの原因になります。 背びれが気になる場合は、取り除いてから調理してください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ