【宮城シェフ】やみつきアボカドスパム丼 レシピ・作り方

「【宮城シェフ】やみつきアボカドスパム丼」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

神保町のアボカド料理専門店『avocafe』の宮城香珠子シェフに教えていただいたレシピ、アボカドスパム丼のご紹介です。お店の大人気メニューのアボカドスパム丼をご家庭でも作れるようにアレンジした、ボリュームたっぷりの一品です。ぜひ作ってみてくださいね。 ※『スパム』は「ホーメル・フーズ・コーポレーション」の登録商標又は商標です。 ▼宮城シェフについて ・お店のwebサイト https://avocafe.net/ ・お店のTwitter https://twitter.com/avocafe?s=20&t=NkO6J1xzYMpZ2xuhiOSueQ ・お店のInstagram https://www.instagram.com/avocafe/ ・お店のブログ https://ameblo.jp/avocafe ・お店の所在地 東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3F こちらのレシピでは、シェフに教えていただいた手順や材料でご紹介しております。 ご家庭で作りやすい手順や材料で再現したレシピも公開しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 https://www.kurashiru.com/recipes/bbc7e9c0-22d3-47b2-be21-6b4d97857c5c

調理時間:20分

費用目安:500円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(1人前)

作り方

  1. 1. フライパンにタレの材料を入れて中火で加熱します。ふつふつしてきたら木べらで混ぜながら4~5分程とろみがつくまで加熱し、火から下ろします。
  2. 2. ポークランチョンミートは横に6等分に切ります。1枚を半分に切ってそれぞれ4等分に切り、6切れを取り分けます。
  3. 3. 別のフライパンにサラダ油をひき、中弱火で加熱します。2を入れて全体に焼き色が付くまで焼き、火から下ろします。
  4. 4. アボカドは種を取り除いて皮をむき、放射状に3mm幅に切ります。
  5. 5. 器にごはんを盛り付け、のりを散らし、3、4をのせ、中心に温泉卵をのせます。1、マヨネーズをかけて完成です。

料理のコツ・ポイント

ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。 こちらのレシピの栄養素表示は、全ての材料の使用量で計算されております。実際の使用量により変動しますので、参考程度にご活用ください。また、分量が適量の材料もありますが、クラシル再現動画では量を指定して計算しておりますので、そちらも参照してみてくださいね。

たべれぽ

コンテンツがありません。

質問する

このレシピに関連するキーワード

コンテンツがありません。

人気のカテゴリ