鶏せせりのから揚げときのこの甘辛丼 レシピ・作り方

「鶏せせりのから揚げときのこの甘辛丼」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

鶏せせりを使用したから揚げを丼にしてみました。3種類のきのこを使用してかさ増ししているので、満足感もあり、節約にもおすすめです。甘辛のタレがごはんによく合い、とても美味しいですよ。ぜひお試しくださいね。
調理時間:30分
費用目安:350円前後
Favorite buttonRemove favorite button

スマホで見る

材料(1人前)

  • ごはん150g
  • 鶏せせり80g
  • ①料理酒大さじ2
  • ①しょうゆ大さじ1
  • ①すりおろしニンニク小さじ1
  • ①すりおろし生姜小さじ1
  • 片栗粉大さじ2.5
  • 揚げ油適量
  • エリンギ30g
  • しめじ30g
  • しいたけ1個
  • ②しょうゆ小さじ2
  • ②みりん小さじ2
  • ②酢小さじ2
  • ②はちみつ小さじ1
  • ごま油大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)適量

作り方

  1. 1.
    鶏せせりの骨を取り除き、ジッパー付き保存袋に入れます。①を入れてよく揉み込み、20分程冷蔵庫で置きます。
  2. 2.
    エリンギは石づきを切り落として、半分の長さに切り、縦に薄切りにします。
  3. 3.
    しめじは石づきを切り落として、手でほぐします。
  4. 4.
    しいたけは石づきを切り落として、軸は手で割き、笠の部分は薄切りにします。
  5. 5.
    1に片栗粉をまぶします。鍋底から10cm程の揚げ油を入れて、180℃に熱し、きつね色になるまで揚げたら油をよく切ります。
  6. 6.
    中火で熱したフライパンにごま油をひき、2、3、4を入れてしんなりするまで炒めます。
  7. 7.
    5と②を入れて全体に味が馴染むまで中火で炒めたら火から下ろします。
  8. 8.
    ごはんをよそった丼に7を盛り付けて、小ねぎを散らして完成です。

料理のコツ・ポイント

こちらのレシピは、はちみつを使用しております。1歳未満(乳幼児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。
はちみつは、砂糖でも代用いただけますが、はちみつの種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してくださいね。
鶏せせりは鶏もも肉や鶏むね肉でも代用可能です。

人気のカテゴリ

Video preload background白菜とカニカマのレモンマヨ和え
秋・冬の代表的な野菜である白菜。お鍋や漬物のような定番のレシピに加え、餃子や炒めものなど様々なアレンジレ...
Video preload background大根と牛肉のとろみ煮
煮物や鍋、お味噌汁で大活躍の大根のレシピをご紹介します。今まで同じレパートリーしかなかった方や、いつも使...
Video preload backgroundさつまいもと厚揚げのごま味噌煮
甘くてホクホク、みんなが大好きなさつまいも。そのままでも十分美味しいけれど、一手間加えるだけで、サラダに...
Video preload backgroundキャベツとカニカマたくあんのコールスロー
一年中楽しめるキャベツを使ったレシピをご紹介します。 何と合わせても美味しいキャベツなので、いろんな組...
Video preload backgroundジューシー肉巻き笹かまぼこ
油が乗っていてジューシーな美味しい豚バラ肉のレシピをご紹介します。 幅広い料理に使える豚バラ肉は、回鍋...
Video preload background鶏もも肉とつるむらさきの簡単さっぱり炒め
油が少なくヘルシーで健康的な鶏もも肉のレシピをご紹介します。 照り焼きチキンや唐揚げ、煮物など、洋風和...
Close
QRコードリーダーで読み取ってください