けんちんうどん レシピ・作り方

「けんちんうどん」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

離乳食9〜11ヶ月ごろ(後期)から始めることができる、けんちんうどんはいかがでしょうか。鶏ささみと野菜、煮干だしをたっぷり染み込んだ煮込みうどんです。お好みで豆腐や玉ねぎなど他の野菜を加えてもおいしいですよ。ぜひ、お試し下さい。

調理時間:20分

費用目安:100円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(1食分)

  • うどん (冷凍) 50g
  • お湯 (ゆで用) 適量
  • 鶏ささみ 10g
  • 片栗粉 (まぶす用) 小さじ1/8
  • 水 (加熱用) 大さじ1
  • にんじん 5g
  • 大根 10g
  • 離乳食用かつお昆布だし 120ml
  • しょうゆ 2滴

作り方

  1. 準備. うどんはパッケージの表記に従って解凍しておきます。 にんじんと大根は皮を剥いておきます。
  2. 1. にんじんと大根は5mm角に切ります。
  3. 2. うどんは1cm幅に切ります。沸騰したお湯で8分程ゆで、歯茎でつぶせるくらいの柔らかさになったら、火からおろし、ざるに上げ、流水で塩を洗い流し水気を切ります。
  4. 3. 耐熱容器で鶏ささみ片栗粉をまぶし、水を加えふんわりとラップをかけて500Wの電子レンジで30秒程加熱します。水気を切り、ほぐします。
  5. 4. 鍋に離乳食用かつお昆布だしと1を入れ、中火で加熱します。ひと煮立ちしたら、蓋をして5分程加熱し、さらに2を加え蓋をして10分程加熱します。
  6. 5. にんじんと大根が柔らかくなったら、3としょうゆを加え、中火で2分程加熱します。全体に味が馴染んだら、火からおろします。
  7. 6. 器に盛り付けて完成です。

料理のコツ・ポイント

9~11ヶ月ごろ(後期)を目安にしています。 歯茎でつぶせるバナナくらいの固さを目安に、お子様の様子に合わせて食材の大きさや固さ、量は調整してください。 初めての食材を与えるときは食物アレルギーに注意し、複数の食材といっしょに与えることはせず、小さじ1程度の量を午前中に与え、食後の様子を見守ってください。アレルギーのリスクがある場合やアレルギーと診断されている場合は、医師の指導に従ってください。 ※離乳食に関するご質問は現在お受けしておりません。あらかじめご了承ください。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

このレシピに関連するキーワード

人気のカテゴリ