えびの背わたを取る レシピ・作り方

「えびの背わたを取る」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。

えびの背わたの取り方のご紹介です。背わたは、えびの背側にある黒い筋のように見える腸管のことで、ジャリっとした食感や臭いがあるので、調理前に下処理が必要です。ちょっとした手間ですが、きちんと背わたを取ったえびの方が、断然美味しいので、ぜひお試しくださいね。

調理時間:5分

費用目安:100円前後

カロリー: クラシルプレミアム限定

材料(2尾分)

  • エビ (殻付き) 適量

作り方

  1. 1. 楊枝で取る場合 エビの背側真ん中あたりに、楊枝を差し込んだら背わたを引っ掛けて、ゆっくりと引き抜き、キッチンペーパーに取ります。
  2. 2. 包丁で取る場合 エビを左手で持ち、尾を一節だけ残して、頭の方から殻と足を剥きます。 左手でエビを押さえ、背の中央に包丁を寝かせて、3mm〜5mmの深さに切れ目を入れたら、背わたを包丁でかきだし、キッチンペーパーに取ります。

料理のコツ・ポイント

えびを茹でる時は、殻を先に剥いてから茹でてしまうと、身が縮んで旨味も流失しやすいので、殻が付いたままの状態で、楊枝で背わたを取ってくださいね。

たべれぽ

コンテンツがありません。

たべれぽを投稿する

質問する

質問する

人気のカテゴリ