2022.4.4

「若布蕪」この漢字、なんて読む?春が旬のアノ食材!気になるクイズの正解は…

「若布蕪」この漢字は何と読むかわかりますか?ツルツルっと食べやすく、歯ごたえもあってとってもおいしいあの食べ物ですよ。正解発表のあとは、その食べ物を使ったおかずのレシピをご紹介します。副菜から主菜まで幅広くピックアップしたので、ぜひ最後までご覧くださいね。

この漢字の読み方は...?

この漢字は、「めかぶ」と読みます!

めかぶは細かく刻まれて売っていることが多いので、元々はどんな姿をしているのか知らない方も多いのではないでしょうか。実はめかぶは、わかめの一部なんです。わかめはひらひらとした葉っぱのような形をしていますが、わかめの胞子が育つ根元の部分が「めかぶ」なんです。ここから胞子を出し、新しく芽を出すことで増殖するんですよ。めかぶはわかめの赤ちゃんを生み出す場所なんですね。

めかぶを使ったおかずのレシピをご紹介!

ここからは、めかぶを使ったおかずのレシピをご紹介します。さっぱりといただけるめかぶとミョウガの冷奴や、食べごたえのあるめかぶと豚こまのコク旨炒めなど、バリエーション豊かにピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.めかぶとみょうがのさっぱり冷奴

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりとした味わいの、めかぶとミョウガの冷奴はいかがでしょうか。ポン酢やすりおろし生姜と合わせためかぶを、絹ごし豆腐にかけていただきます。つるんとした食感にさわやかな味つけがよく合い、とってもおいしいですよ。シャキシャキとしたミョウガの食感もいいアクセントとなっています。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • 絹ごし豆腐・・・150g
  • めかぶ (味付けなし)・・・30g
  • (A)ポン酢・・・大さじ1
  • (A)すりおろし生姜・・・小さじ1/2
  • ミョウガ・・・1/2個
  • 白いりごま・・・小さじ1/2

作り方

1.ミョウガは薄い輪切りにします。
2.ボウルにめかぶ、(A)を入れ混ぜ合わせます。
3.器に絹ごし豆腐を盛り付け、2をかけます。1、白いりごまを散らして完成です。

2.長芋とめかぶのさっぱり和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

手軽に作れる!長芋とめかぶのさっぱり和えをご紹介します。長芋とめかぶに、付属のタレとポン酢を和えるだけの簡単レシピです。長芋は麺棒で叩いて砕くことで、味が染みこみやすくなりますよ。包丁で粗めに切ってからポリ袋に入れ、手で潰してもおいしくお作りいただけます。少ない材料でパパッと作れるので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 長芋・・・150g
  • めかぶ (味付き)・・・70g
  • ポン酢・・・小さじ2
  • すりおろし生姜・・・小さじ1/4

作り方

準備.長芋は皮を剥いておきます。
1.長芋はポリ袋に入れて麺棒で叩いて粗めに砕きます。
2.めかぶは付属のタレを入れて混ぜます。
3.ボウルに1、2、ポン酢を入れて良く混ぜます。
4.器に盛り付けて、すりおろし生姜を添えたら完成です。

人気のカテゴリ