2021.9.17

「今週もご苦労様でした!」切って混ぜるだけの簡単“おつまみ”レシピ5選

サッと出せてちょっと気の利いたおつまみがあれば、お酒がよりおいしくなりますよね。簡単おつまみのレパートリーをもっと増やしたい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、切って混ぜるだけで簡単に作れるおつまみを5品ご紹介します。お野菜やたこ、サーモンなど、身近な材料を使った手間いらずのおつまみをピックアップしました。材料を用意して15分以内で作れるレシピばかりです。ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

1.きゅうりとツナのごま油和えおつまみ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

きゅうりとツナのごま油和えレシピをご紹介します。斜めに浅く切り込みを入れたキュウリに旨味たっぷりのツナがおいしい一品です。ニンニクの香りと、ごま油のコク、そして鷹の爪がマッチして、居酒屋で出てくるような一皿に仕上がりますよ。切って混ぜるだけでできる簡単さもうれしいですね。鷹の爪の代わりにラー油を使ってもおいしくいただけます。

材料(2人前)

  • きゅうり・・・1本
  • ツナ油漬け・・・70g
  • (A)ごま油・・・80ml
  • (A)白いりごま・・・大さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1
  • (Aすりおろしニンニク・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ

作り方

準備. ツナ油漬けは油をよく切っておきます。
1.きゅうりのヘタを切り、菜箸で挟んで置き、3mm幅に斜めに切り込みを入れて、裏面も同様に切り込みを入れたら幅3cm程に切ります。
2.1、ツナ油漬け、(A)をすべてボウルに入れよく混ぜ合わせます。
3.お皿に盛り付けて完成です。

2.簡単旨辛 ヤンニョムキャベツ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

5分でできる簡単おつまみ「ヤンニョムキャベツ」のご紹介です。甘辛いヤンニョムダレを絡めると、キャベツがいくらでも食べられて癖になるおいしさですよ。白ごまのプチプチした食感と、キャベツのパリパリした食感の違いも楽しい一品です。辛味が苦手な方は、一味唐辛子を調整してお好みの辛さにしてくださいね。召し上がる直前にタレとキャベツを和えることで、味が薄まらずにおいしくいただけます!

材料(2人前)

  • キャベツ・・・150g
  • (A)コチジャン・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)一味唐辛子・・・小さじ1/4
  • 白いりごま・・・適量
  • のり(刻み)・・・適量

作り方

1.キャベツはざく切りにします。
2.ボウルに(A)を入れ混ぜ合わせ、1を入れて味がなじむように和えます。
3.器に盛りつけて白いりごまを散らし、のりをのせたら出来上がりです。

3.サーモンとたくあんのユッケ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

サーモンとたくあんの意外な組み合わせが楽しいおつまみです。トロッとしたサーモンにたくあんのコリコリ食感、そして濃厚な卵黄がたまらない一品です!ごはんにのせて丼風にするのもおすすめですよ。サーモンの代わりにねぎトロでもお作りいただけます。コチュジャンとしょうゆはお好みで調整してくださいね。ぜひお試しください!

材料(2人前)

  • サーモン(刺身用、柵)・・・100g
  • たくあん・・・50g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)コチュジャン・・・大さじ1/2
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 卵黄(Mサイズ)・・・1個分
  • 白いりごま・・・適量
  • 小ねぎ(小口切り)・・・適量

作り方

1.たくあんとサーモンは細切りにします。
2.ボウルに(A)を入れて混ぜ合わせます。
3.1を加え、和えます。
4.お皿に盛り付け、卵黄をのせ、白いりごまと小ねぎを散らして完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ