2022.8.9

「ダイエット中のもう一品に!」おつまみにも便利な“低カロリー副菜”レシピ3選

今回は、ダイエット中の献立に大活躍する、低カロリーな副菜のレシピをご紹介します。焼肉のたれを使って簡単に味つけできるこんにゃくステーキ風や、電子レンジを使ってパパッと作れるえのきのバター醤油などのレシピをピックアップ!どのレシピも簡単で、やみつきになるおいしさです。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.あっという間に完成 キャベツとツナのさっぱりサラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

手間いらずですぐ作れる、キャベツとツナのさっぱりサラダのレシピです。市販の千切りキャベツを使うことで、わずか3分で完成しますよ。千切りのキャベツに、ツナの旨味とのりの風味が相性抜群!顆粒和風だしを使ったシンプルな味つけがクセになり、箸がどんどん進みますよ。ぜひ試してみてくださいね。

材料(2人前)

  • キャベツ (千切り)・・・130g
  • ツナ水煮 (正味量)・・・40g
  • のり (焼き海苔・全型)・・・1枚
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ

作り方

1.ボウルにキャベツ、ツナ水煮、(A)を入れて混ぜ、のりをちぎりながら加え、さっくりと混ぜ合わせます。
2.器に盛り付け、完成です。

2.焼肉のたれでこんにゃくステーキ風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

少ない材料ですぐに作れる「焼肉のたれでこんにゃくステーキ風」をご紹介します。下ゆでしたこんにゃくは水分をしっかりとばすことで、味が染みこみやすくなりますよ。格子状の切り込みにしっかりと味がからみ、やみつきになるおいしさです。嚙み応えもあり、満足度の高い一品です。ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(2人前)

  • こんにゃく・・・200g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • 焼肉のタレ・・・大さじ2
  • 小ねぎ・・・適量

作り方

1.鍋にお湯を沸かし、こんにゃくを入れて5分ほど入れて下ゆでし、湯切りし、粗熱をとります。
2.格子状に切り込みを入れ、4等分に切ります。
3.フライパンを中火で熱し、油をひかずに2を入れて炒めます。
4.こんにゃくの水分が飛んだら焼き肉のタレを入れて炒め、全体になじんだら火から下ろします。
5.器に盛り付けて小ねぎを散らして出来上がりです。

3.電子レンジで えのきのバター醤油

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

香ばしいバターの風味に食欲がそそられる「えのきのバター醤油」はいかがですか?調味料と合わせたえのきを電子レンジで加熱し、青のりをトッピングするだけでとても簡単!こっくりとしたバター醤油の味わいにみりんの甘さが加わり、とてもおいしいですよ。えのきのコリコリ食感と仕上げにかけた青のりの風味がアクセントになり、食べ進める手が止まりません!ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • えのき・・・120g
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・大さじ1
  • (A)有塩バター・・・10g

-----トッピング-----

  • 青のり・・・適量

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、半分の長さに切り、ほぐします。
2.耐熱ボウルに1、(A)を入れて、ふんわりとラップをかけ、しんなりするまで600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。
3.器に盛り付け、青のりをかけて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

ダイエット中のあと一品を簡単に作ってみよう!

いかがでしたか?ダイエット中でも気兼ねなく食べられる、低カロリー副菜のレシピをご紹介しました。食材の旨味や食感を引き立てるように調理することで、ダイエット中でも満足感の高い一品がお楽しみいただけますよ。副菜としてだけでなく、おつまみに兼用するのもおすすめです。ぜひお試しくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ