2022.6.20

【漢字クイズ】「鰌」なんて読む?読めたらスゴい難読漢字!正解は…

漢字の読み方クイズにチャレンジしてみませんか?「鰌」という漢字の読み方を当ててみてください!食べたことのない人も多いかもしれない、鍋料理が有名なあの魚ですよ。正解発表の後には、おいしい魚料理のレシピもご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この漢字の読み方は...?

正解は「どじょう」でした!

「鰌」は「どじょう」と読むんですね!「鱒」と似ているので「ます」と間違えた方もいるかもしれません。鰌は「泥鰌」と書かれることもあるんですよ。

今では食べる機会の少ないどじょうですが、以前は北海道から沖縄県まで、全国各地で食用とされてきた魚なんですよ。川魚なので、特に海のない内陸地域で多く食べられてきたそうです。

どじょうを食べるのは日本だけの文化ではなく、東アジアに共通するんだとか。朝鮮半島や中国大陸、ベトナムなどでも食べられているんですよ。海外のどじょう料理も、ぜひ味わってみたいですね。

手軽な魚料理のレシピをご紹介!

さて、クイズはどじょうについてのお話でしたが、ここからは身近な魚でお手軽にお作りいただける魚料理のレシピをご紹介します。バターのコクが食欲をそそる鮭のバター風味照り焼きや、定番の鯖味噌煮など、どれも意外と簡単にできる魚料理ばかり。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.鮭のバター風味照り焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

いつもの照り焼きをちょっとアレンジ!鮭のバター風味照り焼きのレシピをご紹介します。バターのコクが甘辛い照り焼き味に加わって、抜群においしい一皿になりますよ。鮭に薄力粉をまぶしてから焼くためタレがよく絡み、しっかりとした味つけになります。ごはんが進む味わいなので、晩ごはんの主菜にしてみてくださいね。

材料(2人前)

  • 鮭 (切り身)・・・2切れ
  • 塩・・・ふたつまみ
  • 薄力粉・・・大さじ1
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • (A)料理酒・・・小さじ2
  • 有塩バター・・・10g
  • エリンギ (計40g)・・・2本

-----添え物-----

  • 大葉・・・2枚

作り方

1.エリンギは薄切りにします。
2.ボウルに(A)を入れ、混ぜ合わせます。
3.鮭に塩をふり、薄力粉を茶漉しでふるいかけます。
4.フライパンに有塩バターを入れ、中火にかけ、バターが溶けたら、1、3を入れて焼きます。
5.鮭に焼き色が付いたら裏返し、鮭に火が通るまで中火で焼きます。
6.2を入れて中火で炒め合わせ、全体に味がなじみ、照りが出たら火から下ろします。
7.お皿に大葉を敷き、6を盛り付けたら完成です。

人気のカテゴリ