2022.6.24

【漢字クイズ】「木栓」“きせん”ではありません!身近なのに知らなかった漢字表記!正解は…

漢字クイズにチャレンジしてみませんか?「木栓」という漢字が、何を表しているのか当ててみてください!漢字の意味を考えてみると、きっと答えがわかりますよ。正解発表のあとには、クイズの答えにちなんだおすすめレシピもご紹介します。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この漢字の意味は...?

正解は「コルク」でした!

「木栓」は、中国語でコルクを意味しているんですよ。ワインの栓などに使われるあのコルクは、主に木の皮で作られるので、まさに「木の栓」なんですね。

実はコルクとはもともと、コルク樫という木からはがした樹皮のことを指します。主に地中海沿岸で育つコルク樫の樹皮は、その大半がポルトガルで収穫されているんだそう。

ポルトガルのコルク樫は樹齢200年~300年くらいまで伐採することなく育てられ、9年周期で再生される樹皮を収穫します。コルク樫の森は南欧の砂漠化防止に効果をもたらし、また樹皮をはがされたコルク樫は二酸化炭素を多く吸収するため、温暖化防止にも貢献しているといわれています。だからコルクは地球環境に優しい素材と言われているんですね。

ワインに合うおいしいおつまみレシピをご紹介!

さてコルクといえばワインですね。そこで、ここからはワインにぴったりのおいしいおつまみのレシピをご紹介します。具材たっぷりで満足度の高いアヒージョや、相性抜群で無限に食べられそうなトマトとクリームチーズの和え物など、どれもワインとよく合う絶品ばかり。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.アボカドとチーズの生ハム巻き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ワインに合わせたくなる、おしゃれなアボカドとチーズの生ハム巻きはいかがでしょうか?モッツァレラチーズと生ハム、アボカドの相性が抜群で、レモン汁を使ったドレッシングがさっぱりしておいしいですよ。トマトを飾れば見た目も華やかなので、おもてなしにもおすすめ。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • 生ハム・・・6枚
  • アボカド・・・1/2個
  • モッツァレラチーズ・・・40g
  • ベビーリーフ・・・10g
  • (A)EVオリーブオイル・・・大さじ1
  • (A)レモン汁・・・小さじ1
  • (A)塩・・・小さじ1/3

-----添え物-----

  • ミニトマト・・・2個

-----トッピング-----

  • 黒こしょう・・・ふたつまみ

作り方

準備.アボカドは皮をむいて種を取り除いておきます。ミニトマトのヘタを取り除いておきます。
1.ミニトマトは4等分に切ります。
2.アボカド、モッツァレラチーズは1cm角に切ります。
3.生ハムを縦に2枚並べ、ベビーリーフ、2をのせて巻きます。
4.3を半分に切ります。
5.ボウルに(A)を入れて、混ぜ合わせます。
6.お皿に1、4を盛り付け、5、黒こしょうをかけて完成です。

※チーズは加熱を行わなくても食べられるものを使用しています。ご使用のチーズによっては加熱をしないと食べられないものもございますのでご注意ください。

2.具だくさんアヒージョ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

具材たっぷりで大満足のアヒージョのレシピをご紹介します。エビにベーコン、マッシュルームなど、海の幸も山の幸もふんだんに使ったボリュームのあるアヒージョです。ニンニクの香りとアンチョビの旨みに、具材のだしが溶け出したオリーブオイルも絶品なので、焼いたフランスパンに付けながら、ぜひ余すことなく召し上がってくださいね。

材料(2人前)

  • エビ (ボイル)・・・70g
  • 薄切りロングベーコン・・・30g
  • グリンピース (水煮)・・・30g
  • ブラウンマッシュルーム・・・2個
  • ニンニク・・・1片
  • アンチョビフィレ・・・1枚
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/4
  • オリーブオイル・・・100ml
  • パセリ (生)・・・適量
  • フランスパン (100g)・・・4切れ

作り方

準備.グリンピースは水気をよく切っておきます。フランスパンはオーブントースターで焼いておきます。パセリはみじん切りにしておきます。
1.ニンニクは、半分に切り芽を取り出しみじん切りにします。アンチョビフィレはみじん切りにします。
2.ブラウンマッシュルームは石づきを切り落とし、薄く切ります。薄切りロングベーコンは1cm幅に切ります。
3.スキレットにオリーブオイルと1を入れて、中火で香りが立つまで熱します。
4.エビ、グリンピース、2、(A)を入れて中火で加熱し、ブラウンマッシュルームがしんなりしたら火から下ろします。
5.フランスパンを添え、パセリを散らして完成です。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

人気のカテゴリ