2022.3.24

朝食にぴったり!ごはん代わりにもなる簡単“オートミール”レシピ5選

今回はごはんの代わりにもなる「オートミール」のレシピをご紹介します。市販のお茶漬けの素を使ったオートミールで作るお茶漬け風や、クリーミーでおいしいオートミールのリゾット風、食べ応え満点の納豆チャーハンのレシピなどをピックアップ!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.オートミールで作るお茶漬け風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

材料さえあれば手間いらずですぐに作れる「オートミールで作るお茶漬け風」をご紹介します。加熱したオートミールに市販のお茶漬けの素を加えてしっかりと混ぜ合わせ、わさびや梅干しなどをトッピングしました。とろみのあるオートミールはまろやかでコクのある味わいがやみつきになりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

材料(1人前)

  • オートミール・・・30g
  • 水・・・200ml
  • お茶漬けの素・・・1袋

-----トッピング-----

  • わさび・・・小さじ1/2
  • 梅干し・・・1個
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.鍋にオートミール、水を入れてパッケージの表記通りに加熱します。とろみがついたらお茶漬けの素を入れてよく混ぜ合わせ、火から下ろします。
2.器に盛り付け、トッピングをのせてできあがりです。

2.レンジで簡単オートミールのリゾット風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで手軽にお作りいただける「オートミールのリゾット風」はいかがですか?オートミールで作ることで、風味と食感がやみつきになる一品に仕上げました。ピザ用チーズと牛乳を加えることで、クリーミーな味わいが後を引くほどのおいしさです。ウインナーはベーコンやハムに、ホワイトマッシュルームはブラウンマッシュルームに代えてもお作りいただけますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。

材料(1人前)

  • オートミール・・・50g
  • 水・・・80ml
  • ホワイトマッシュルーム (計30g)・・・3個
  • 玉ねぎ・・・30g
  • ウインナー・・・2本
  • 牛乳・・・150ml
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・小さじ1/4
  • 有塩バター・・・10g

-----トッピング-----

  • パセリ (生)・・・適量
  • 粗挽き黒こしょう・・・適量

作り方

準備.パセリはみじん切りにしておきます。ホワイトマッシュルームの石づきは切り落としておきます。
1.玉ねぎはみじん切りにします。ホワイトマッシュルームは粗みじん切りにします。

2.ウインナーは薄切りにします。
3.大きめの耐熱ボウルにオートミール、水を入れて混ぜ合わせ、ふんわりとラップをし600Wの電子レンジで2分程加熱し、よく混ぜ合わせます。
4.3に牛乳、ピザ用チーズ、1、2、(A)を入れてよく混ぜ合わせ、ふんわりとラップをし600Wの電子レンジで3分程、全体に火が通るまで加熱し、有塩バターを入れて混ぜ合わせます。
5.器に盛り付けて、トッピングの材料を散らしてできあがりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.オートミールの焼きおにぎり

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

やみつき必至!オートミールの焼きおにぎりを作ってみましょう。やわらかくなるまで加熱したオートミールを三角形に成形し、オーブントースターで香ばしく仕上げました。ごま油の風味とオートミールの味わいがよく合い、通常の焼きおにぎりとは違った味わいが楽しめますよ。めんつゆのみで簡単に味つけできるので、忙しいときや時間がないときなどにぜひ参考にしてみてくださいね。

材料(1人前)

  • オートミール・・・60g
  • 水・・・100ml
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・小さじ1
  • (A)白いりごま・・・小さじ1

作り方

1.大きめの耐熱ボウルにオートミール、水を入れ混ぜ合わせラップをし600Wの電子レンジで2分程オートミールがやわらかくなるまで加熱します。
2.(A)を入れ混ぜ合わせます。
3.広げたラップの上に1/2量をのせて包み、三角形に握ります。
4.アルミホイルを敷いた天板にのせオーブントースターで5分程焼き目がつくまで焼き、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ