2022.7.15

「鯵」なんて読む?とっさに出てこない魚の漢字クイズ!

漢字の読み方クイズにチャレンジしてみませんか?「鯵」という漢字、なんと読むのか当ててみてくださいね。お刺身でも揚げても焼いてもおいしい、とっても身近なあの魚ですよ。答え合わせのあとには、鯵を使ったおすすめレシピもご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

この漢字の読み方は...?

正解は「アジ」でした!

アジは旨みがたっぷりの魚なので、「味」が語源とも言われています。「鯵」という漢字の「参」は数字の3を表していて、旧暦の3月ごろ(現在の暦では4月ごろ)から脂がのっておいしくなり始めることから、この漢字が当てられたという説もありますよ。

おいしいアジを買うには、鮮度のよいものを選びたいですね。エラが鮮やかな紅色をしていること、目に濁りがないこと、ゼイゴが長く、背骨がすっと伸びて姿が美しいものが、鮮度のよいアジだと言われています。新鮮なアジを買って、おうちでおいしくいただきたいですね。

アジのおすすめレシピをご紹介!

さてここからは、アジを使ったおすすめレシピをご紹介します。サクッとした衣の中からとろけるチーズが溢れるチーズアジフライや、さわやかな香りを楽しめるアジとみょうがのごまみそ和えなど、アジの旨みを生かした絶品ぞろい。ぜひチェックしてくださいね。

1.チーズとろける アジフライ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

とろけるチーズがうれしい、アジフライの簡単アレンジレシピをご紹介します。サクッと揚がった衣の中から、ふっくらとしたアジの身ととろけるチーズが出てきます。アジの外側に巻いた大葉の香りもさわやかで、お魚が苦手な方でも食べやすいですよ。いつもとちょっと違うアジフライを食べたいときに、ぜひお試しくださいね。

材料(2人前)

  • アジ (開き)・・・2枚
  • 塩 (下処理用)・・・ふたつまみ
  • 塩こしょう・・・ふたつまみ
  • スライスチーズ (とろけるタイプ)・・・2枚
  • 大葉・・・2枚

-----衣-----

  • 薄力粉・・・大さじ1
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1/2個分
  • パン粉・・・40g
  • 揚げ油・・・適量
  • キャベツ (千切り)・・・100g
  • トマト (くし切り)・・・1切れ
  • レモン (くし切り)・・・2切れ

作り方

準備.大葉は軸を切り落としておきます。
1.アジは塩をふって5分程置き、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
2.塩こしょうをふり、スライスチーズを挟んで折りたたみ、外側に大葉を巻きます。
3.薄力粉をまんべんなくまぶし、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
4.鍋底から3cmの高さまで揚げ油を注ぎ、170℃に熱し、3を入れます。アジに火が通り、衣がカラッとするまで3分程揚げたら油を切ります。
5.キャベツ、トマトをのせたお皿に盛り付けて完成です。お好みでレモンを絞ってお召し上がりください。

2.アジのさっぱり南蛮漬け

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

さっぱりとしたものが食べたいときは、アジの南蛮漬けがおすすめです!ふっくらとしたアジの唐揚げに酸味のきいたタレが染みて、とってもおいしいですよ。一緒に漬けた野菜のシャキシャキとした食感もクセになり、お箸が止まらなくなります。ごはんにもお酒にもよく合う一品なので、暑い日の晩ごはんにどうぞ。

材料(2人前)

  • アジ (3枚おろし)・・・4枚
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 揚げ油・・・適量
  • ピーマン・・・1個
  • 赤パプリカ・・・1/4個
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • (A)酢・・・50ml
  • (A)水・・・20ml
  • (A)砂糖・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・小さじ1

作り方

準備.ピーマンと赤パプリカは、ヘタと種を取り除いておきます。
1.ピーマン、赤パプリカ、玉ねぎは薄切りにします。
2.アジは一口大に切り、片栗粉をまぶします。
3.鍋底から3cmの高さまで揚げ油を注ぎ、170℃に温めます。2を入れ5分程、火が通るまで揚げ、油を切ります。
4.ボウルに(A)を入れよく混ぜ合わせます。1と3を加えて混ぜ合わせたら、落としラップをして冷蔵庫で60分程漬けます。
5.味が馴染んだらお皿に盛り付けて、完成です。

人気のカテゴリ