2022.7.28

【謎解きクイズ】「?」に入る漢字は何?答えにちなんだレシピもご紹介!気になる正解は…

なぞときクイズです!画像の「?」に入る漢字は何でしょう?周りの漢字をよーくみて、マッチしそうな字を当てはめてみてくださいね。正解発表のあとは、のど越し抜群のあの食材を使ったアレンジレシピをご紹介します。クイズで頭を使ったあとは、夏にぴったりのさっぱりレシピをお楽しみくださいね!

周りの漢字に注目してみると...!正解はこれ!

正解は「素」でした!予想は当たっていましたか?

真ん中に「素」の漢字が入ると、それぞれ「要素(ようそ)」、「素人(しろうと)」、「素麺(そうめん)」、「酸素(さんそ)」と読むことができます。

「そうめん」といえばその歴史は古く、奈良時代に餅米の粉をこねて、縄のようにねじった「索餅(さくへい)」と呼ばれる食べ物がそうめんの原形だと言われています。当時は身分の高い天皇や貴族が客人をもてなすときや、特別な日のごちそうとして振る舞われていたのだとか。

鎌倉・室町時代にはそうめんが寺院の間食として食べられるようになり、その後西日本から少しずつそうめんを食べる文化が広まっていきました。

今でもお中元や贈り物にそうめんがよく選ばれるのは、元々高級な品として献上されていたことや、細長い見た目から「長いお付き合いをお願いします」といった意味を込めているからだと言われています。

そうめんのアレンジレシピをご紹介!

ここからは、クイズの答えにちなんで、そうめんを使ったアレンジレシピをご紹介します。釜玉明太バター味や韓国冷麺風、和風ぶっかけそうめんなど、つるっと完食間違いなしの麺レシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね!

1.釜玉明太バターそうめん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

バターのコクと辛旨な明太子が絶妙にマッチする、絶品釜玉そうめんをご紹介します。麺が温かいうちに卵と絡めるのがおいしく仕上げるポイントですよ。味わい深いしょうゆとのりの風味も相性抜群で、一口食べればやみつきになること間違いなし!時間がないときでもあっという間に作れるので、ぜひトライしてみてくださいね。

材料(1人前)

  • そうめん・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 明太子・・・30g
  • 有塩バター・・・5g

-----トッピング-----

  • のり (刻み)・・・適量

作り方
準備.明太子は薄皮を取り除き、身をほぐしておきます。
1.鍋にお湯を沸騰させ、そうめんをパッケージの表記通りにゆで、水気を切ります。
2.器に溶き卵、温かい1を入れて混ぜ合わせ、しょうゆを入れて混ぜ合わせます。
3.明太子、有塩バター、のせ、のりを散らして完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

2.韓国冷麺風 さっぱりそうめん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

後味さっぱりといただける、韓国冷麺風のそうめんはいかがでしょうか。ピリ辛なキムチやシャキシャキとしたみずみずしいきゅうり、生姜の風味が効いた奥深い味わいのスープが冷たいそうめんとよく合います。作り方も簡単で、お酢やお好みの野菜を加えてもおいしくいただけますので、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

材料(1人前)

  • そうめん (乾燥)・・・100g
  • お湯 (茹で用)・・・適量
  • きゅうり・・・50g
  • キムチ・・・50g
  • ゆで卵・・・1/2個

-----スープ-----

  • 水・・・300ml
  • ダシダ・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1/2
  • すりおろし生姜・・・小さじ1/2

作り方

1.きゅうりは千切りにします。
2.鍋にスープの材料を入れ、中火にかけて沸騰したら火から下ろし粗熱を取り冷蔵庫で20分程しっかりと冷やします。
3.別の鍋にお湯を沸かし、そうめんを入れてパッケージの表記通りに茹で、お湯を切って流水にさらし水気を切ります。
4.器に3を盛り、1、キムチ、ゆで卵を乗せて2をかけたら完成です。

※『ダシダ』は「シージェイ チェイルジェダン コーポレーション」の登録商標又は商標です。

人気のカテゴリ