2019.4.23

可能性は無限大!アレンジ冷奴レシピ5選

冷たい豆腐、冷奴

あたたかい豆腐を湯豆腐と呼ぶのに対し、冷たい豆腐は冷奴と呼びます。その名前の由来をご存知ない方も多いのではないでしょうか。
大名行列で槍などを持って歩いていた「奴」と呼ばれていた人の服に四角い大きな紋が描かれており、それが豆腐の形に似ていたからという説、さらに食材を大きく四角に切ることを「奴に切る」と言われていたからという説、「冷やっこい」から冷奴になった説など由来はさまざまです。
由来が諸説あることからも、冷奴はいろんな場所や時代で愛されてきたメニューであるということがわかりますね。

おかずにも、夜食にも

豆腐はスーパーなどで比較的安価に手に入るので、いつでも気軽に食べることができるのが冷奴の魅力のひとつ。特に暑い夏は冷た口当たりが気持ちよく、毎日の食卓で大活躍しますよね。
基本的な冷奴は豆腐に薬味をのせるだけと、手間もほとんどかかりません。あと一品ほしいとき、ちょっと小腹がすいたとき、お酒のおつまみがほしいときなど、冷奴があると便利な場面がたくさんありますよ。

薬味次第で食べ方は無限大

冷奴の薬味といえば、ネギやかつお節、おろししょうがなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ですが、実はさまざまな食材や調味料と相性がいいのです。
薬味のアレンジ次第で、毎日食べても飽きない料理に変身します。まさに、冷奴の可能性は無限大!
今回は、そんな冷奴のアレンジレシピを5つ紹介します。いつもと違う冷奴で、食卓を華やかに彩ってみませんか?

人気のカテゴリ