2022.5.24

「時間のないバタバタな朝に!」余ったごはんを活用できる“朝食”レシピ5選

今回は、余ったごはんを活用して作る「朝食」レシピをご紹介します。電子レンジで作れるたまご雑炊や、アツアツがおいしいスープごはんなど、時間のないバタバタな朝にぴったりなレシピをピックアップしました!一品で満足できる朝ごはんが揃っていますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

1.すぐにできちゃう オニオンチーズの焼きおじや

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

調理時間はわずか10分!オニオンチーズの焼きおじやのご紹介です。コンソメ顆粒の旨みやほんのり感じる塩気でさらさらと食べれる一品ですよ。チーズと一緒に食べるとコクが加わり満足感がアップします。グラタン皿におじやの材料を入れて電子レンジで加熱したら、ピザ用チーズをのせてトースターで焼くだけ!時間がない朝でも作れるので、ぜひお試しくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・150g
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • (A)水・・・200ml
  • (A)コンソメ顆粒・・・小さじ2
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • ピザ用チーズ・・・30g
  • 黒こしょう・・・少々
  • パセリ (乾燥)・・・少々

作り方

1.玉ねぎは薄切りにします。
2.グラタン皿にごはん、1、(A)を入れて、ふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで2分加熱します。
3.取り出し、ラップを外して混ぜ合わせ、ピザ用チーズをのせてオーブントースターでチーズに焼き目がつくまで3分ほど焼きます。
4.黒こしょうとパセリを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

2.レンジで簡単 たまご雑炊

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

忙しい朝に、5分でできるたまご雑炊を作ってみましょう。顆粒和風だしと醤油の味つけは、せわしない朝でもどこかほっとする味わいです。トッピングの小ねぎがシャキシャキしていてアクセントになっています。鍋も包丁も使わないので洗い物が少なくて楽ちんなレシピです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・100g
  • 水 (洗う用)・・・適量
  • 溶き卵・・・1個分
  • 水・・・200ml
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • 小ねぎ(小口切り)・・・適量

作り方

1.ごはんはザルに入れ、水を入れたボウルで洗い水気を切ります。
2.大きめの耐熱ボウルに1、(A)、水を入れて混ぜ合わせ、溶き卵を回し入れます。
3.ラップをふんわりとして600Wの電子レンジで3分程ごはんがやわらかくなるまで加熱します。
4.器に盛り付け、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

3.簡単 カルボナーラリゾット風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

カルボナーラリゾット風をご紹介します。生クリームがなくても、牛乳やチーズ、卵を使ってまるでカルボナーラを食べているかのような味わいを再現できますよ。具材のハムのピンクやアスパラガスの緑が食卓に彩りを添えてくれるので朝から気分が上がりますね。食べ応え抜群なので、朝ごはんはもちろん、お昼ごはんにもおすすめです。

材料(1人前)

  • ごはん・・・150g
  • アスパラガス・・・10g
  • ロースハム・・・2枚
  • スライスチーズ・・・1枚
  • 牛乳・・・200ml
  • 溶き卵・・・1個
  • コンソメキューブ・・・1個
  • 塩・・・少々
  • 黒こしょう・・・少々
  • 黒こしょう (トッピング用)・・・少々

作り方

準備.コンソメキューブは砕いておきます。
1.アスパラガスは根元の硬い部分をピーラーでむき、長さ3cmほどの斜め切りにします。ロースハムは短冊切りにします。
2.中火で熱したフライパンに1を入れて、さっと炒めます。
3.牛乳を加え、弱火で熱して温めます。フライパンの縁がふつふつしてきたらコンソメキューブ、スライスチーズを加えて混ぜ合わせます。
4.コンソメキューブが溶けたら、ごはん、溶き卵を加えてよく混ぜます。
5.塩と黒こしょうで味を調え、火から下ろします。お皿に盛り付け、黒こしょうを散らして完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ