2022.2.26

【謎解きクイズ】これは何の料理を表す?枠に当てはまる言葉がカギ!気になる正解は…

なぞときクイズです!この画像、なんと読むでしょう?ぜひ問題を見ながら、頭をやわらかくしてこの謎を解いてみてくださいね!正解発表のあとは、答えの食べものの定番からアレンジレシピをご紹介します。なぞときで頭を使ったあとは、ごはんが進む絶品メニューをお楽しみくださいね!

枠に当てはまる言葉に注目してみると...!正解はこれ!

正解は「カツ丼」です!当たりましたか?

画像をよく見てみると、左から「げつ、か、すい、もく、きん、ど、にち」と、それぞれ曜日を表していることがわかります。次に数字の欄に入る文字を抜き出して順番に並べ替えてみると、「1=か」「2=つ」「3=ど」「4=ん」、つまり「かつどん」になります!

カツ丼はボリューム満点で一品でもごちそう感のあるメニューですよね。今では丼ものの定番として愛されている「カツ丼」ですが、実はその歴史は意外と浅く、大正時代に東京の高田馬場で作られたのが始まりだとか。

あるお店で宴会がキャンセルになり、トンカツが余ってしまったときに、お店に来ていた学生が「卵でとじて卵丼のようにしてみたら?」と提案したのがきっかけなんだそうですよ。そんな偶然のきっかけから、今もみんなに親しまれるメニューとして根づいているのは驚きですよね。

おすすめのかつ丼レシピをご紹介!

ここからは、ジューシーでお肉の旨みたっぷりの「カツ丼」レシピをご紹介します。定番のふんわりカツ丼から、タレカツ丼やみそカツ丼とアレンジレシピまで、一品で大満足のレシピをピックアップしました。サクサクッとした衣がたまらない「カツ丼」を、ぜひいろいろな味つけで味わってみてくださいね。

1.どんぶりの定番 基本のカツ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

手作りのとんかつで作る、絶品カツ丼をご紹介します。和風味のつゆが揚げたてのカツとごはんにしみて、ついついかきこみたくなるおいしさですよ!ふわふわの卵と甘めの味つけにした玉ねぎが、ジューシーなカツととってもよく合います。豚ロース肉は筋切りのときに麺棒で叩いておくと、やわらかい食感が楽しめますよ。ぜひ試してみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・180g

-----とんかつ-----

  • 豚ロース (厚切り)・・・100g
  • 塩こしょう・・・小さじ1/4
  • 薄力粉・・・小さじ2
  • 溶き卵・・・1/2個分
  • パン粉・・・大さじ1
  • 揚げ油・・・適量
  • 玉ねぎ・・・1/4個
  • 卵・・・2個

-----調味料-----

  • 水・・・50ml
  • 料理酒・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • 三つ葉・・・3g

作り方

1.三つ葉は根元を切り落とし、2cm幅に切ります。
2.玉ねぎは薄切りにします。
3.豚ロースは筋を切ります。ラップをのせて麺棒で叩き、両面に塩こしょうをふります。
4.薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
5.フライパンの底から4cmほどの高さまで揚げ油を注ぎ、170℃に熱し、4を入れます。中に火が通り、表面が色づくまで5分ほど揚げ、油切りをします。
6.2cm幅に切ります。
7.鍋に2、水、調味料の材料を入れて中火で熱します。
8.玉ねぎがしんなりしたら、中火のまま6と軽く溶きほぐした卵を入れます。蓋をして火を止め、30秒蒸らします。
9.丼にごはんをよそい、8をのせ、1を散らして出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.サクサクジューシー 鶏ささみのタレカツ丼

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

サクサクジューシーなタレカツ丼はいかがでしょうか。 はちみつ入りの甘辛いタレがカツにしみて、箸の止まらないおいしさです!旨みたっぷりで食べ応えのある鶏ささみを使うので、お腹がすいたときにピッタリの一品ですよ。ごはんの上に敷いたキャベツが口の中をさっぱりさせてくれ、最後の一口までおいしくいただけます。揚げたてのカツをタレにさっと漬け込んでからごはんにのせても絶品なので、ぜひお好きな食べ方でお楽しみくださいね!

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 鶏ささみ・・・2本
  • キャベツ・・・40g

-----衣-----

  • 溶き卵・・・1個分
  • 薄力粉・・・10g
  • パン粉・・・20g

-----タレ-----

  • 水・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 料理酒・・・大さじ1
  • はちみつ・・・大さじ1
  • 揚げ油・・・適量
  • 白いりごま・・・大さじ1

作り方

準備.鶏ささみの筋は取り除いておきます。
1.耐熱ボウルにタレの材料を入れて混ぜ、ふんわりとラップをしたら600Wのレンジで1分半加熱します。
2.キャベツは千切りにします。
3.鶏ささみは観音開きにし、厚さを均一にしたら5mm幅の切り込みを入れます。
4.薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
5.鍋に鍋底から2cm程度の高さまで揚げ油を入れ、170℃に熱し、4をきつね色になるまで揚げます。
6.鶏ささみに火が通ったら、油を切ります。
7.丼にごはんを盛り、2、6の順にのせます。1をかけ、白いりごまをトッピングして完成です。

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ